2016年10月11日

連合国側の不利益になるニュースの配信を禁ずる指令

マッカーサーという専制独裁者が発令した指令です。

ひと目GHQ-2/洗脳作戦発動


http://katintokei.at.webry.info/201509/article_63.html


こんなことをやりながら日本国憲法を強制したのです。
posted by mediapatroler at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策・法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

必読・保存版「電通のやり方」

これは拡散に値する情報です。
テレビを視なければ問題はおきません。



http://www.news-us.jp/article/20161008-000002k.html
【拡散】韓国人が日本人を洗脳する手法が ヤ バ す ぎ る !!! とんでもない反日工作の実態を広めよう!!!

132 :名無しさん@1周年:2016/09/23(金) 14:06:30.67 ID:mqvP6rqL0.net
-電通のやり方(コピペ)-
@日本人の精神を腐敗・堕落させ愚民化させろ。
A日本人の女を集中的に狙い洗脳しろ。
B韓国人、在日同胞への批判をしてはいけない雰囲気を作れ。
Cネトウヨ、ヘイトスピーチ、レイシスト等の言葉を浸透させ、同胞への批判を封じろ。
D「韓国人は悪くない!悪いのは韓国政府だ!」と誘導しろ。
E「反日の韓国人はごく一部だ!ほとんどの韓国人は親日だ!」と誘導しろ。
Fゲイタレントやハーフタレントに「幼少期、日本人から差別を受けた!」と強調させろ。
G韓国人識者やゲイタレントに政治的意見を言わせ、御意見番化させろ。
H「同性婚・LGBTを全面肯定しない者は差別主義者だ!」という雰囲気を作れ。
I海外セレブやハーフモデルをもてはやし、「日本人は劣等人種だ!」と植えつけろ。
J「未だにガラケーの奴は笑い者」という雰囲気を作れ。
K「LINEに入らない奴は仲間外れ」という雰囲気を作れ。
L「日本人の男VS日本人の女」の対立を煽り、分断しろ。
M日本人の男が、女から虐げられるCMを大量に作れ。
N日本人同士で恋愛・結婚させない、子供を生ませないよう誘導しろ。
O日本人同士で結婚していたら離婚させる方向に仕向けろ。
P女が活躍するドラマばかり作れ。男は無能な役、笑われ役にしろ。
Q電通が力を入れるドラマには必ず韓流スターを出演させろ。
Rイケメンブームを定着化させ、「男は外見が全てだ!」と洗脳しろ。
S我々がステマしてやれば無名女優も売れっ子女優に早変わり。

電通元最高顧問の故・成田豊は
朝鮮半島生まれのウリスト教徒
まさに筋金入りの反日企業


(安倍首相はこのコピペを読んだのか?というくらい敵を理解してる)
22 :名無しさん@1周年:2016/10/03(月) 13:58:12.59 ID:0z34EqZL0.net
韓国の交渉術
@金も技術も無い時は、日本に擦り寄れ。
A日本の女をまず先に騙せ。韓流漬けにして取り込め。
B初対面の日本人には「昔ひどい目に遭わされた」と吹き込め。
C日本人に成りすまし、架空の罪をでっち上げ、日本の首相に謝罪させろ。
D売春婦は半世紀経てば、元・慰安婦としてまた使える。
E日本に一度謝罪させれば、韓国の永久勝利だ。
Fアメリカに恫喝してもらえば、簡単に日本は謝罪する。
G日本には「一度謝罪すれば、二度と蒸し返さない。」と甘言しろ。
H一度謝罪させた日本からは、無制限に賠償金がとれる。
I日本側から交渉を願い出るよう仕向けろ。
J日本側が動かない場合は、国際社会に告げ口しろ。
K体面を気にする日本は国際社会で叩けば金を出す。
L「純日本人など存在しない、日本人のルーツは韓国人だ」と吹き込めば従順になる。
M「反日の韓国人など少数派だ!ほとんどの韓国人は親日だ!」と吹き込め。
N日本人が正論を言い始めたら、無関係な指摘をしてはぐらかせ。反論して来たら怒鳴りつけろ。
O日本に言い訳をする時は、遠回しに 論点をずらし 長々とやれ。
P日本側がうんざりするまで交渉は引き延ばせ。
Q徹底的にゴネれば日本は根負けする。
R日本との交渉の後は、たっぷりと性接待を施してやれ。
S日本人はマヌケなお人好し。何度でも何度でも騙せる。

368 :名無しさん@1周年:2016/10/03(月) 14:35:33.97 ID:3G2XK4E80.net
>>22
マスコミと広告会社幹部を性接待で手懐けて、
韓国に従わない政府を批判させろ。

360 :名無しさん@1周年:2016/10/03(月) 14:34:48.23 ID:MKNApItC0.net
>>22
事実だから怖い





posted by mediapatroler at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告業界 CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする