2011年10月23日

花王CMの動向に変化は?2011年9月CMオンエア実績ランキング発表!−デモの影響はあったか?

http://www.best-worst.net/news_LTsbS6LZk.html

 
■2011年9月CMオンエア実績ランキング発表!

2011年10月17日、株式会社ゼータ・ブリッジより関東地区の2011年9月度CMオンエア実績ランキング発表がなされた。

このデーターは、同社のテレビ放送情報検索サービス「eMarker(イーマーカー)」のリアルタイムCM自動人席システムを利用し集積されたものである。



企業別ランキングTOP3
1位:花王 (4,171回)
2位:P&G(2,384回)
3位:興和 (2,225回)
(参考:
株式会社ゼータ・ブリッジ−関東民放テレビ局の2011年9月度のCMオンエア実績


花王は8月のCM放送回数3,397回から4,171回と回数を大きく増やしている。割合でみれば、前月比で約122%となる数字だ。

■花王のTV局別実績ランキング
それでは、前月同様、1位となった花王がCM提供しているテレビ局のランキングを見てみよう。

花王・テレビ局別CMオンエアランキング
1位:日本テレビ(1,584)
2位:フジテレビ(1,295)
3位:TBSテレビ(770)
4位:テレビ朝日(236)
5位:TV東京(286)
(参考:
株式会社ゼータ・ブリッジ−関東民放テレビ局の2011年9月度のCMオンエア実績


先月1位であったフジテレビは2位になった。

更に、約45%と圧倒的なシュアを持っていたフジテレビへのCM放送の割合は大きく下がっている。9月の占有率は約31%になっている。

放送回数でも1547回から1295回へと減少がみられる。つまり、花王はCMの放送全体の回数は増やしているにも関わらず、フジテレビへのCM数をかなり減らしているということが数字で見て取れるわけである。

このCMの減少が単なる契約の切れ目などのものか、デモの影響なのかは不明である。
ただ、デモが花王のCM放映の先テレビ局の選択に何らかの影響を与えている可能性はあるのかもしれない。

(参考:
2011年8月CMオンエア実績ランキング発表!−花王CMの45%がフジテレビでオンエア!

posted by mediapatroler at 19:52| Comment(0) | 不買運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]