2013年05月21日

橋下市長へのメッセージ(ある市民)

百人の会から受領
内容がよく纏まっているので紹介させていただきます。


――――――――――――――――――――――――――――


平成25年5月20日
橋下市長 殿

貴台のご奮闘、お疲れ様です。日頃は頼もしく思いながら応援しております。

早速ですが、慰安婦発言に関して御意見を差し上げます。これは批判ではありません。


1.橋下発言についてどう思うか?

市長が訴えておられる一番大事な主要矛盾は「なぜいつまでも“日本だけが”この問題で標的にされるのか?」だと思います。
その他のことは無視してよいと思います。

本当は、このことは、橋下市長が言うことではないのです(2項参照)。

三島由紀夫氏の自決は、単なる文学死ではなく、民族の尊厳を把持せんとする体を張っての表現でもありました。即ち自主
憲法制定、憲法改正を断行する勇気もなく、自衛隊体験入隊に及んでも大和魂の欠如を見るなど、民族の将来を危ぶみ、
子や孫に申し訳ないという潜在的な想いが在ったものとみます。橋下市長の本当の想いまでは存じませんが、「なぜ日本だけが?」
という想いのなかには、三島氏の感じた“歯がゆさ”と、そこに至る過去の、民族の尊厳維持に無関心だった為政者に対する
反目・軽蔑の気持ちもあったのではないでしょうか。

2.なぜ、情けない日本に?

・こういうことは本来ならば、学者の責任です。体を張ってウソを暴き、外国を説き伏せる努力をして、韓国によるウイルスの如き
 汚染情報の垂れ流しを防ぐべきでした(もちろん秦教授のような、日本の汚名を晴らそうと努力された危篤な学者もおりました。
 そういう学者には感謝あるのみです)。

・加えて、汚染情報を知りながら、何の行動も起こそうとしない政治家がたむろしていた事実にも触れないわけには行きません。
 (今回の橋下市長は、そういう単なる生活議員と違い、勇気をもって問題提起した稀な政治家であると、高く評価します)

・さらに言葉を加えると、それは「パンのみ」にしか興味を示さない日本特有の「経済主義」があったことです。それは今でもまだ
 続いています。経済主義とは“痩せたソクラテス”とは逆の“太った豚”の世界です。
 その姿は決して世界の「尊敬の対象」にはなりません。よく外国人相手のアンケートで「日本人評価」が一番、二番とかいって
 満足する日本人がおりますが、それは、経済的世界貢献、平和希求国家、優しさ、親切さ、清潔、アニメ文化・・の類の評価
 であって<本当の、文明次元における正当で正真正銘の日本評価ではありません>。

・橋下氏に反目する議員たちは、国家の尊厳よりは、派閥次元の争いに汲々としているようです。彼らは村八分の世界に生きて
 おり、本当の自己もなく絶えず集団でしか行動できません。こういう単細胞(シーラカンス)人間は、これからの時代、生き延びれない。

・このメリハリのない対応は、常に too late となって、時間が経ってから慌てること(現状が証明)。その間に、大きく国益が
 損なわれ、さらには優れた民族的特質までもが、性狂民族として蔑まれるという結果を引き起こす。それでもまだ、憤らない
 日本人が多いということは、既にして、日本人は外国勢力の「精神的奴隷」と化していることであります。それはまさに三島由紀夫
 氏が予言したところの「のっぺりとした(何の反応も示さない)」日本の情けない姿でもあります。そこには志もない、まして愛国心
 とは無縁の精神です。ただ生きていて、楽しい生活ができればよいという、腑抜けの精神です。

・民主党、共産党などに至っては話にもなリませんが、みんなの党・渡辺党首にしても、民族の尊厳問題が理解できないという
 ことは、党首の器でないことを意味します。人材が払底しているいい例です。この政党も早晩潰れてなくなるでしょう。

3.どうすれば、正当評価の日本に?

・あらぬ国家侮辱に対しては、毅然と対峙する文明的決意の姿勢を見せること。

4.私から見える、関係国ならびにマスコミの反応

・主要矛盾を“敢えて隠し”、従属矛盾にばかりを突く戦略戦術をとっていること。

・日本国(占領)憲法の制定思想と同じく、「日本をのみ、世界でも特殊で異常な性狂国家」という世界的規模の「印象操作」を
 公然と行っていること。

・中韓両国はもちろんのこと、アメリカを筆頭に、戦後の国際利権を把持しようという意味での国際連携のスキームが見えること。

・特に日本のマスコミは、この図式が見えないか、あるいは外国の対日工作の徒と化していること。

5.橋下市長に強く望むこと

? このヒートした問題で、いま引き下がらないでいただきたい。
  子や孫へのツケ(慰安婦問題のみならず、南京問題、巨大財政赤字、官僚支配の打破など)を清算する勇気ある提言をして行くのが、
  日本維新の会であるということを、自信をもって進めていただきたい。

   *アメリカで「安倍首相大宰相!」の評価が出始めたとあります。それは尖閣問題も含めて堂々と対峙しようという姿勢への評価
     でしょう。世界は、そういうことをジッと見ているのです。橋下市長に対しても同じです。

? この問題は、そもそも学者不在、歴代政権、政治家による 「対症療法政治」「先送り政治」の積み重ねで起きたものであること。
   そこには、官僚、マスコミの責任も厳然として在る、ということを、声を大にして言っていただきたい。

   *橋下市長は、?、?をうまく活用して、孤立しないようにしていただきたい。自分は過去の“不作為”による“火の粉”を吹き払おうと
    しているのです! 私なりの大和魂の発露です!と、堂々と言えばよいと思います。

? 歴代政権の延長というものの、安倍自民党政権はまだ強い意識と、勇気を示すところもあるので、うまく連携して、日本の建て直しに
   ご努力いただきたい。

? いま、つまらない未熟な舌禍を起こしては、今までの努力が泡になる。歴史的知恵は、石原氏、平沼氏らの知恵も借りながら、うまく党運営
   を進めていただきたい。そのうえで来る参議員選挙後は、民党とも連携して、憲法問題などを処理していただきたい。
   怪しげな政党を斬るとも、念頭に置かれて・・・

? 最後に、いつも国内のみならず、“世界”という視点も見据えていただき、発信いただきたいこと。

   *中韓に対しても、いつまでも自己中心のプロパガンダばかりやり続けていると、世界から孤立して、面目を失い、
     「想定外」の結果を引き起こしますよ(そのときは、もう遅い。国家の信頼を取り戻すことができない)・・・・という文明次元のわかり
     やすい言葉で、うながしてください。繰返しでいいです。

? 韓国元慰安婦との会見
    慎重に、言質を取られないように・・・・くれぐれも慎重に、余計なことは言わずに、長い歴史という観点から・・・
    (韓国マスコミ、朝日新聞他に利用されないように・・・)

? 今回のことと直接、間接の関わりがありますが我が国の歩みは大きな意味で、西欧列強の餌食にならないようシナ・朝鮮と日本とが一緒に
   なって近代化に努力しましょう・・・・ということに尽きるものであった。それを頑なに拒み、自ら 中華、小中華思想を振りかざし自ら
   too late の状況をつくり出したのが、シナ朝鮮ではなかったか・・・その意味で日本は孤立し、挙句の果ては、あろうことか両国が植民地帝国主義国に
   助けを求めた結果、不幸な事態が起こった。様々な問題も、その延長のなかで起こっている。日本はひらすら自己努力で近代化、再建
   に努めてきた近代150年の歩みであった。その間の、西洋白人諸国の人種差別は徹底したもので、現実的にはそれも資本主義発展の
   一過程といって済まされない「悪魔のような人種差別」と闘ってきたのも日本である。
   その日本に対して、近代化への苦労も理解しようとせず、韓国側の歴史捏造と日本民族に対する尊厳のなさは赦せない。あなたたちは
   李氏朝鮮時代の暗澹とした原始社会をご存知か? 今韓国が世界中に売春婦を輸出していることをどう思うか?それらを糊塗しようと
   いうのが韓国に狙いではないか! そのうち天罰を喰らうと思わないか!?

   「軍隊の強制」はなかったのでよ!
   韓国の経済的奇跡は、日本を無視して、在り得なかった。はっきり言いましょう。日本は最大最高の「恩人」と思いませんか?・・・・と。

    こういうことをしっかり頭に入れて、ときには小出しでもいいので、反応を試してみてください。

   特にインテリ層に対しては、彼らの 肺腑をつくようなキーワードを出してみてください。何も言えなくなります。


 以上、よろしくお願い申し上げます。


                                                   東京都国分寺市  濱田


posted by mediapatroler at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼びかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362673360

この記事へのトラックバック