2016年11月11日

反日電通の裏の顔

とりあえず集めてみました


電通の正体=カナダマフィア(ブロンフマン)の手下 ヤクザの上はマフィアのお話
http://golden-tamatama.com/blog-entry-2384.html
特に戦後、【GHQとの関係】をきっかけに【CIAとも綿密な関係を持つ】にいたり、電通は日本国内の最大最強のCIAエージェントという人もいます。
また山口組を始めとする暴力団との裏のコネに豊富で、電通の「実力行使」のために毎年かなりの金額が暴力団に第三者を通じて流れているともいわれています。
つまり単なる圧力だけでなく、電通はCIAや暴力団を使って「実力行使」を行うことが可能な会社なのです。
51. 名無しさん@ほしゅそく   2016年07月29日 16:49  ID:87ntSGN10 このコメントへ返信
GHQが日本滅亡のために、在日、共産党などを支援した。
憲法が最大のガン。
真の愛国者は公職追放。 よって、官僚は反日。大学も同じ。
CIAは、常に日本を監視。 指令に従わない人間は常に不審死。
マスメディアでは在日批判、中韓批判がタブーとなった。
いまは、電通がCIAの代わりになっている。
桜井氏が一定以上の得票をし、力を付けたら、必ず、事件をでっちあげられ収監される。
これが、日本の検察の実体。つまり、CIAの下部機関。
愛国的政治家も家族ぐるみで脅されたら、従うしかない。 これが実体。
つまり、アメリカの属国が真実。
中韓、在日の強気の背景がこれ。
これを知らないと、良いように操作される。
posted by mediapatroler at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック