2016年11月17日

落選を悟ったクリントン氏、備品を叩き、スタッフに物を投げつけ、卑猥な言葉を叫ぶなど大暴れしていた

クリントンに張り付いて取材していた
読売、NHKの記者たちは、なぜこの事実を報道しないのか?




【米大統領選】落選を悟ったクリントン氏、備品を叩き、スタッフに物を投げつけ、卑猥な言葉を叫ぶなど大暴れしていた
1:曙光 ★2016/11/17(木) 09:15:00.27 ID:CAP_USER9
Losing it on a losing night.
Ever since the early hours of Wednesday November 9, skeptical minds have been musing over what happened to Hillary and her concession speech. She was supposed to deliver it shortly after it was apparent she had lost on Tuesday evening. She was going to speak. No, she was not ready.
Then it was coming Wednesday morning. No, it would be put off for a while. She supposedly was very gracious in talking to Donald Trump later that night, but was still not ready to concede publicly until late Wednesday morning.

At 2 a.m., a rattled John Podesta walked out on stage and told everyone to “head home.” “It’s been a long night and it’s been a long campaign,” he said, “But I can say, we can wait a little longer.”
And he went on about the importance of seeing that every vote got counted. Actually it was much worse than that. He was hiding something.

Sources have told The American Spectator that on Tuesday night, after Hillary realized she had lost, she went into a rage. Secret Service officers told at least one source that she began yelling, screaming obscenities, and pounding furniture.
She picked up objects and threw them at attendants and staff. She was in an uncontrollable rage. Her aides could not allow her to come out in public. It would take her hours to calm down. As has been reported for years, her violent temper got the best of her.
Talk about having a temperament ill-suited for having access to the atomic bomb. So Podesta went out and gave his aimless speech. I wish we could report on Bill’s whereabouts but we cannot. We shall work on that.

https://spectator.org/where-was-hillary/

失う夜にそれを失う。11月9日の水曜日の早い時から、ヒラリーと彼女の敗北演説に起こったことについて懐疑的な見方が寄せられている。彼女は火曜日の夜に彼女が敗北したことが明確になった直後に敗北演説をすると思われていた。彼女は話すつもりだった。いいえ、彼女は準備ができていなかった。

その後、水曜日の朝に行われるはずだったが、しばらく延期された。当日夜遅くドナルド・トランプと話すことにはおいてはとても丁重だったが、水曜日の昼前までまだ公然と認めてる準備が出来ていなかった。

午前2時ごろ、狼狽えたジョン・ポデスタ選対委員長が集会に出て、全員「家に帰る」ように言った。「長い夜だったし、長い選挙運動だった。だが私達はもう少し待てるはずだ」そして、彼は全ての票が集計されるのを見ることの重要性について続けた。実際それよりずっと悪かった。彼は何かを隠していた。

消息筋は、火曜日の夜、ヒラリーが自身が敗北したことを悟った後、激怒していたことをAmerican Spectatorに語った。シークレットサービスの職員は、少なくとも1人の消息筋に、彼女がわめき始め、猥褻な言葉を叫び、備品を叩いていたと語った。

彼女は物を手に取り、出席者とスタッフに投げるなど制御不能な怒りにあった。側近は彼女を公に出すことができず、落ち着かせるまでに数時間かかった。何年もの間報告されているように、彼女の激しい気性で理性を失っていたという。まさに核爆弾にアクセスするのに適さない気質の持ち主だった。だから、ポデスタ委員長は集会に出て行き、無意味な言い伝えをした。私はビル・クリントンの所在を報告することができればいいと思うが、できない。私たちはそれに取り組んでいく
maxresdefault


関連 米大統領選 クリントン氏陣営幹部「今夜は演説せず」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00341334.html
posted by mediapatroler at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 不報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444047858

この記事へのトラックバック