2017年12月27日

いい加減な放送法に基づく「ワンセグ受信料支払い」を認める判決

放送法改正しない政府が悪い!


http://www.yomiuri.co.jp/national/20171227-OYT1T50091.html?from=ytop_top
ワンセグ携帯もNHK受信料義務…東京地裁判決
2017年12月27日 20時33分
 テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有者がNHK受信料を支払うべきかどうかが争われた訴訟で、東京地裁(鈴木正紀裁判長)は27日、支払い義務を認め、受信料の返還などを求めた東京都葛飾区の男性(50)の請求を棄却する判決を言い渡した。

 放送法は、テレビを設置した人はNHKと受信契約を結ばなければならないと規定。男性側は訴訟で「ワンセグ携帯は一定の場所に『設置』するものではなく、受信料を支払う義務はない」と主張したが、判決は「『設置』とは一定の場所に設置することに限らない」と指摘。「ワンセグ携帯による受信者にも放送法は適用される」と結論づけた。
 NHK広報局は「主張が認められた」としている。
(ここまで302文字 / 残り249文字)
2017年12月27日 20時33
posted by mediapatroler at 20:42| Comment(0) | 官庁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]