2018年07月04日

台本どおり喋ることを義務付けられる政治討論番組 

馬鹿でも出演できます!


http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511863.html

2018年07月04日07:32
台本を無視する自民議員を『フジテレビが猛抗議する』惨事が発生。玉木議員が怒っているぞ

1:(^ェ^) ★:2018/07/02(月) 18:12:09.21 ID:CAP_USER9



DAPPI
@take_off_dress
青山繁晴「玉木雄一郎と一緒にフジテレビに出演した時に『あなたは日本獣医師会から100万貰ってるから加計に関して発言する権限はない』と直接言った。そしたら『なぜ台本通りやらないんだ!玉木氏が怒ってる』と抗議されたので言い返した」

ワイドショーは信用出来ないとよくわかります

12:08 - 2018年7月2日
13,421
9,107人がこの話題について話しています
Twitter広告の情報とプライバシー

DAPPI
@take_off_dress
青山繁晴「玉木雄一郎と一緒にフジテレビに出演した時に『あなたは日本獣医師会から100万貰ってるから加計に関して発言する権限はない』と直接言った。そしたら『なぜ台本通りやらないんだ!玉木氏が怒ってる』と抗議されたので言い返した」

ワイドショーは信用出来ないとよくわかります
https://twitter.com/take_off_dress/status/1013620348909043712


4:あなたの1票は無駄になりました:2018/07/02(月) 18:17:08.60 ID:yyHAclaP0

これ言われると、玉木めっちゃキレるよなwww



http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3133.html

台本と進行表どおり
「台本ありき」は、業界では常識です。

一例、
サンデーモーニングは最も露骨で、局の用意した原稿を読んでいる。
関口が振ると、自分の発言担当部分を読んでいるのは、皆さん、よく目にするところでしょう。
発言中、頻繁に視線が下にいくのは、その証拠です。

[ 2018/07/03 08:09 ] 斥候 [ 編集 ]
進行台本
番組に進行台本が存在するのは周知の事実。
肝心なのは発言内容まで原稿になっているかどうかですな。
キムチTBS反日看板番組のサンモニなら発言が原稿化されていなくても
ぱよちんコメンテーター一色なので誰がどんな発言を期待されているかは
暗黙の了解があるでしょう。ぱよちんが忖度し合う番組だからねwwwwwwww
[ 2018/07/03 09:55 ] yasu [ 編集 ]
「台本どおりに喋ってもらわないと困ります!」
「はぁ? 君は何を言っているんだ? 討論に台本があったらそれは討論とは呼べないだろうが!」
「しかし、我々の台本は神の意思でして」
「ははぁ、君らが言う『神』ってのはスポンサーのことだな? それとも電○か?」
「いえ、もっと大きな意思です、いずれ地球全てを席巻するような」
「いずれ? ほほぅ、神にもライバルがいると見える」
「そうなんです、トランプとプーチン、この2人がライバルでして、我々の神が唯一神となるために、日本国民の洗脳に協力していただかないと……」
[ 2018/07/03 18:24 ] ST [ 編集 ]
ST様
誰が世界の疫病神に協力などするものか!w

     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

番組には台本があるもの、としても「討論」と銘打った番組でソレではヤラセでしょう。
ましてや政治家は言葉自体が信条で武器ですから、他所サンが書いた台本を政治家が自分の意見の様に読むなら、その暗唱に責任を持つべきで、あとから「あれは台本で仕方が無かった」風な逃げは絶対出来ません。

「笑点」の台本も、以前はよく考えられた問題と答えで、その噺家の特徴を逸らさないようにしっかり練られていた感がありますが、久しぶりに見て、随分落ちた番組になった、と番組自体に思います。
笑いに後味の悪さを残す様な台本では高座モノではない感じがします。

(四代目、だった?)小圓遊さん。懐かしいですね。笑点では”キザの小圓遊”でした。
お若くして地方の高座の後に亡くなられたんでしたっけ。

私は、あのサクサクした語り口の歌丸さんの古典モノが好きでした。
噺家の協会も離合集散が重なった時代に派閥を超えて諸氏の面倒を見てこられた歌丸師匠。
ご冥福を祈ります。






10:あなたの1票は無駄になりました:2018/07/02(月) 18:26:00.45 ID:cDtP/mgk0

空気嫁ってのはけっきょく自分の面子を潰すなって事なんだよなあ
posted by mediapatroler at 07:42| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]