2018年07月28日

朝日新聞に掲載された「従軍慰安婦」という語を含む記事の件数

1985年から従軍慰安婦という用語が使われているとの情報



http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7162.html

インテリに見せかけたバッタもん 朝日新聞というバケモノ
★朝日新聞に掲載された「従軍慰安婦」という語を含む記事の件数
----------------------
年    件数   出来事  
1985(S60)  3 ソ連にゴルバチョフ書記長登場
1986(S61)  3
1987(S62)  2
1988(S63)  4
1989(H01)  6 ベルリンの壁崩壊
1990(H02)  8
1991(H03) 110 ソ連崩壊 <--この頃に吉田清治の手記を朝日新聞が掲載
1992(H04) 622
1993(H05) 350
1994(H06) 296 
1995(H07) 384 
1996(H08) 450 
--------------------
1991年以降は、現在の靖国報道に見られるような異様な熱意で連日報道し、
国際問題に昇格させることに成功した。中国や韓国にくすぶる反日感情に
火をつけ、毎週のように焚きつけた。
あちこちに火種をまいて反日騒動を起こすことが彼らの生きがいであった。

★朝日の煽りの基本パターン。下記の1)〜3)を徹底的にくり返す。

1)新聞の記事や解説で大々的にとりあげ、一方的に批判
  (「靖国神社は軍国主義の象徴」「従軍慰安婦は日本軍の性奴隷」等) 
 →しばらくして中国や韓国、北朝鮮が便乗してくる

2)話題が盛り上がったところで日本の政治家にインタビュー
  (「靖国参拝についてどう考えますか」等。何度もしつこく!)

3)政治家インタビューで中国や韓国を刺激する発言を引き出したら、
  さっそく「政治家のけしからん発言がありました」と中国・韓国に報告
 →中国・韓国をけしかけて日本の政治家を攻撃させる

実は靖国問題、従軍慰安婦問題なども、当初は中国や韓国の政府は外交カード
にする意志はあまり無かった。ところが朝日新聞などが中国、韓国のマスコミ
や世論を延々と煽り続けることで深刻な外交問題になっていった。

外圧を招き寄せて自社の主張を日本人に押しつけるのは朝日新聞の常套手段で
あった。このような売国的行為に血道をあげるマスコミは他国には一切無い。

長期間に渡って朝日新聞が中国や韓国の反日感情を狂ったように煽った。
その狂的報道のために日本がこうむった被害は尋常ではなかった。

ここ数十年に雨後の竹の子のようにつくられた中国や韓国の反日記念館の
展示物のひどさは異様であるが、この大部分が朝日新聞を中心とする反日報道
の副産物であった。下記の記事を参照。
--------------
抗日戦争勝利を伝える中国各地の記念館が4日までに150カ所に達した。
国民の愛国精神発揚を狙う共産党の意向を背景に施設整備が着実に進んでいる。
150カ所の詳細は不明だが、北京市郊外の盧溝橋にある「中国人民抗日戦争記念館」、
先月天津市で新館開館式典が行われた「抗日殉難烈士記念館」などは代表的施設
に当たるとみられる。(共同 2006.09.05)
--------------

残虐な人殺しを行う旧日本軍の人形や写真などが、これ見よがしに展示されて
いるが、なかには日本マスコミがろくに検証せずに垂れ流したものがある。
それを中国側が利用しているのである。日本マスコミが捏造してまで日本を
貶める素材を中国や韓国に提供するのだから狂気の沙汰である。

普通、日本のマスコミであれば、日本人への偏見をうえつける過激な反日展示物
を批判すべきところだが、逆に「日本の反動政治家のせいだ」とか
「日本の自業自得だ」などと肯定的に報道して、反日行動をそそのかしている
のだから世話はない。このような売国マスコミは他国には断じて無い。
2018/07/28(土) 19:25:37 | URL | 反左翼 #NcErmbxQ
posted by mediapatroler at 20:16| Comment(0) | 新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]