2018年08月13日

日本人による日本人のためのマスコミなら、次の事実をどう説明するのでしょうか?

一考の余地があります。



http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=135


未だにチャンネル桜や頑張れ日本!全国行動委員会が良識ある「愛国」団体だと思い込んでいる人には、冷静に考えてもらいたいです。
本来の、日本人による、日本人のための団体であるなら、次の事実をどう説明するのでしょうか?

(1)昨年の都知事選で、北朝鮮に頻繁に出入りしているデヴィ夫人が、田母神陣営で精力的に応援演説をしていた。(金一族と特別な関係にある者以外、北朝鮮に簡単に出入りすることなどできない)

(2)駐日北朝鮮大使とも言うべき、アパホテルの元谷外志雄、元谷芙美子と水島総、田母神俊雄が昵懇であること

(3)孫崎享(日米同盟不要論の中共工作員)と仲良く対談していた関岡英之、共著がある中野剛志が頻繁にチャンネル桜に登場すること

(4)頑張れ日本!全国行動委員会の政治資金収支報告書の公表が毎年定期公表時期(11月)より遅れ、かつ、その内容が虚偽ばかりであること

(5)東日本大震災義捐金、南京の真実製作支援金の収支報告がなされていないこと


上記の問題は、まだ一部に過ぎませんが、これだけでも怪しさは十分です。

どう説明するんでしょうかね?





by megu 2015/02/06 9:26 PM
posted by mediapatroler at 06:16| Comment(0) | 内部告発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]