2017年02月28日

ヘイト法 チャンネル桜はどう扱ったか?

要するに、裏切ったということなのでしょう。


■チャンネル桜はヘイト法成立のA級、そして『永久戦犯』!!
チャンネル桜と活動を共にし、保守系と言われていた
自民党西田昌司 自民党長尾たかし(元民主党)の2人
『ヘイト法は"理念法で実害はない" と言いながら
その対象を
「日本人→本邦外出身者への侮蔑的表現」
「日本人には厳しく適用する」方針決定』 
(小山常実教授 中山なりあき講演会にて)
自民党西田昌司 2016・5 参院法務委員会にて
「沖縄米軍への抗議活動は憲法で認められた政治的主張で
ヘイトスピーチにはあたらない」
チャンネル桜 水島総  同番組「視聴者の問いに答える」など
在特会や桜井誠氏の活動について
「中国や韓国人と同じレベルに落ちるな。日本人の礼節を示せ」
「チマチョゴリ切り裂き自作自演などの謀略宣伝に利用される」
「たとえ天皇陛下が侮辱されてもヘイトスピーチはやらない」
「人種差別、ヘイト法、移民法、同性愛法などなど、安倍政権に
 日本解体法案を要請する国際社会の圧力に口実を与えるな」
Posted by sinnma at 2017年02月27日 10:42

チャンネル桜が悪弊をもたらすに共通するは「ヘイト法」であると考えます。
安倍支持運動体である水島総の論陣はこの2013年5月の安倍首相の国会答弁に
沿っているわけです。
・一部の国や民族を排除しようという言動は極めて残念
・日本人の寛容の精神で2020東京を迎える
・他国の人々を誹謗中傷して優越を得るのは我々自体を辱めている
とくに政治社会問題への抗議行動がすべての基本である「行動する保守運動」
にとって相当な足かせになったのは事実でしょう。まさに共産党が暴力革命
から耳障りの良い平和人権スローガン連呼という、人が異論・反論できない
武器に持ち変えた。元サヨクといわれる水島総が商業保守に転向して10年来
続けてきた狡猾さは本当に侮れません。
現にチャンネル桜に関わる者のほぼすべてがこの論調であり、支持者の多くも
そう感化されています。平たく言えば、しばき隊も「ヘイトをやめろ!」と
言い、チャンネル桜も「ヘイトをやめろ!」と、奇しくも同じことを言って
いるわけです。ところが保守を標榜するチャンネル桜に「汚い言葉で下品に
がなり立てるのは日本人のやり方ではない」などと言われると普通の人は
反論できなくなってしう・・・ チャンネル桜はこの「宣伝戦」を行動する
保守運動に対して、そして保守側論壇や一般支持層にも行なってきた。
川崎デモ妨害事件に代表される日本の重大問題。深刻なヘイト法案の悪弊、
この呪縛をどう対抗し突き崩すか。その一助が他の方たちも言われる、
チャンネル桜および水島総の欺瞞を徹底的に糾弾し続けることだと確信して
いる。
Posted by f2710k at 2017年02月27日 23:20
posted by mediapatroler at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

抑留者と戦犯処刑者を笑い者に〜TBS,右翼団体を挑発!!

TBS廃局となるか?




抑留者と戦犯処刑者を笑い者に〜TBS,右翼団体を挑発!!

みんな、すぐにこの番組スポンサーに連絡だ!!番組をつぶせ!!
TBSのバラエティー番組で、あってはならない事態が起きた。第二次世界大戦の日本人戦没者を貶める企画が放送されたのだ。既に一部の有識者と戦没者関連団体、そして関係の深い政治家の間で問題視する動きが広まりつつあるという。同局が毎週水曜夜に放送している「水曜日のダウンタウン」において、過酷な強制労働に苦しんだシベリア抑留者たちを笑いのネタとして扱い、さらには刑務所服役した凶悪犯罪者と同列で扱ったというのだ。企画内容を偽った取材依頼をして、取材対象である善意のシベリア抑留生存者を騙した形でインタビューを行ったとの情報まである。また、敗戦後にアジア各地で開かれた軍事裁判で、BC級戦犯として処刑された旧日本軍兵士たちまでを同じく笑いのネタとして利用していた疑いも浮上しているという。いくらなんでもそんな馬鹿な放送があるのだろうか?  
 
http://www.j-cia.com/archives/13135

posted by mediapatroler at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

フィリピン・ダバオ訪問−平成29年1月13日 こんな親日的な歓迎は滅多にない

ドゥテルテ大統領の地元ダバオを訪問した安倍首相の様子。

同行した内閣記者倶楽部記者は、これを報道しません。

内閣記者倶楽部記者は、きっと馬鹿なのでしょう。


posted by mediapatroler at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

やくみつるが宣伝する商品のイメージが急低下

この一言が致命的ですなあ。
我々も必要であれば、漫画家死ねと拡散していいんですね。


やく氏「日本死ね」問題に反論 流行語選考に「過激」「穏当」関係なし
漫画家で、ユーキャン新語・流行語大賞の選考委員を務めたやくみつる氏(57)が5日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」の電話取材に応じ、「保育園落ちた日本死ね」がトップテン入りしたことに嫌悪感を示している意見があることについて「過激だとか穏当だとか、言葉を選ぶ時になんの尺度にもならない」と訴えた。
番組では、今年の流行語大賞トップテンに「保育園落ちた日本死ね」が選ばれたことに、タレントのつるの剛士が「悲しい気持ちになった」などとつぶやき、議論がわき起こっていることを特集。ツイッターや街の声を取り上げ「もう少し明るい言葉がいい」「強い言葉だから響いた」など、賛否両論あるとした。
それを受け番組では選考委員のやく氏にインタビュー。やく氏は「私も当時は嫌悪感を示した方」だったとしたが、「それとこれとは話が別」とキッパリ。「流行語を選ぶにあたって、過激だとか穏当だとか、選ぶ時に何の尺度にもならない。むしろ、こういう言葉は流行語大賞でなければ拾い得ない」と、必要であれば“死ね”など過激な言葉が選ばれることもあるとした。
posted by mediapatroler at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする