2016年10月05日

新聞の偽装部数に関連する記事

こんなこと放置されていいことでしょうか?

posted by mediapatroler at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

香山リカ 知性のかけらもない精神科医 本当に医者なのか?

香山リカはNHKラジオ番組で「ココロの美容液」という番組に出演しているのだそうだ。


こんなことやってる人、医者失格でしょう。


20160111014550po@.jpg
posted by mediapatroler at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

NHK解約ラッシュクル━━━━

NHK解体の前兆


1 :ニライカナイφ ★:2016/02/04(木) 07:55:24.53 ID:CAP_USER*.net
【朗報】電話で「TV壊れたからNHK解約します」と言えば解約完了。裁判所が「NHKの確認はなくても解約は成立する」と認める
netgeek 2016年2月2日

なにかと納得がいかないNHKの受信料について、「TVありません」と言えば集金人は家の中まで立ち入って確認する権利がなく、諦めるしかないというのは有名な話。しかし、一度テレビがあることを認めてしまった後に「TVが壊れた」と言えばどうなるのだろうか。

1/23、Twitterに興味深い記事が投稿されていたので紹介したい。


http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/02/nhk_kaiyaku5.png
http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/02/nhk_kaiyaku.png


添付されていた画像は日刊ゲンダイの記事。NHKが起こした訴訟について、裁判所がその請求を棄却し、むしろ逆に合法的に解約する方法を認めてしまったという内容だ。もともと受信料を支払っていたAさんはテレビが壊れた際にNHKに電話して「解約したい」と伝えた。しかし、NHKは「テレビが壊れたことを確認していないので解約はできない。規約にも書いてある」と言い張る。ただ、Aさんはすでにテレビを廃棄してしまっており、壊れたという証拠を見せることができない。受信料を支払い続けなければならないのだろうか?

この件について裁判所はそもそも解約の意思表示をした段階で解約が認められると判断し、NHKの規約を無効と判断した。受信料を回収するために見せしめに訴訟を起こしたのに、むしろ不利な状態に追い込まれてしまったNHK。今後は電話一本で解約を認めなくてはならなくなってしまった。
posted by mediapatroler at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

フジテレビ番組(ナオミとカナコ)のふざけた宣伝 やめさせるべきだ

理由は、画像の右端を見て欲しい

フジテレビ1.jpg
posted by mediapatroler at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

NHK癒着派自民党佐藤勉議員 受信料義務化を提言

とんでもない報告書が出てきました。


NHK受信料:自民小委が「義務化」を提言
毎日新聞 2015年09月24日 16時53分(最終更新 09月25日 00時33分)
 自民党情報通信戦略調査会放送法の改正に関する小委員会(委員長=佐藤勉・衆院国対委員長)は24日、NHKや総務省に対し、NHKの受信契約の有無に関わらず受信料を徴収する「支払い義務化」を求める提言をまとめた。
 受信料の徴収コストは、受信料収入の10.7%に当たる735億円(2015年度予算ベース)に上り、支払率は76%(14年度末現在)にとどまる。また、インターネットでの放送番組の同時配信の本格実施に向けて、ネット視聴者の負担のあり方がNHK内でも検討課題になっている。
 そのため委員会は、不払い者に罰則を科す英国や、テレビの有無に関わらず世帯ごとに徴収するドイツの公共放送の例に言及。これらを参考にしつつ、マイナンバー制度の活用などを含めて制度を検討するよう求めた。
 また、支払い義務化で支払率が上がった場合、どの程度の値下げが可能かの試算も求めた。佐藤委員長は委員会後、記者団に「未払いの24%が納めれば、今より割引できる。総務省とNHKはしっかり考えて提言に応えてほしい」と述べた。
 これに対し、NHK広報局は、NHK内でも受信料制度の「研究」に着手しているとした上で「視聴者・国民の理解を得られることが何より重要で不可欠」との見解を示した。
 義務化の実現には放送法の改正が必要で、「事実上の税金化」などの批判もある。また籾井勝人(もみいかつと)会長は国会答弁で義務化を歓迎するも、値下げについては、放送センター建て替えなどを理由に慎重な姿勢を示している。【丸山進、須藤唯哉】
posted by mediapatroler at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする