2012年03月02日

コハクチョウ:湖から姿消す…撮影クルー爆竹で脅し 滋賀

こんな映画、見る気がしません。

やらせ画像なんですね。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120302k0000e040176000c.html

コハクチョウ:湖から姿消す…撮影クルー爆竹で脅し 滋賀

 琵琶湖西岸の松ノ木内湖(滋賀県高島市)で1日朝、東映京都撮影所(京都市)の撮影クルーが水鳥が飛び立つシーンを撮るため爆竹を鳴らした問題で、約180羽いたコハクチョウが2日朝、姿を消したことが「日本野鳥の会滋賀」の調査で分かった。メンバーは「ねぐらが危険と判断し、逃避した可能性が高い」とみており、秋に戻ってくるか心配している。
 コハクチョウを観察している同会員や地元住民団体によると、コハクチョウは通常、日の出後に餌を求めて松ノ木内湖を飛び立つが、日の出前の2日午前6時20分ごろに既に姿を消していた。天候にかかわらず、普段は周囲の田んぼで餌をついばむ姿が見られるが、確認できなかった。通常、一斉に姿を消すことはないという。
 湖北野鳥センター(同県長浜市)の植田潤さん(42)は「琵琶湖北部の塩津湾一帯(長浜市)ではこの日朝、普段の約6倍の300羽以上が確認された。爆竹で脅された湖西のコハクチョウが逃げてきたと考えられる。秋の飛来も気掛かりだ」と話す。
 撮影所の担当者は「夜明けの空を飛ぶタイミングが大事だったとはいえ、結果的にコハクチョウが帰ってこなくなったとしたら大問題。撮影シーンを映画で使うのは取りやめ、スタッフにも注意を喚起したい」と話した。近く高島市新旭水鳥観察センターを訪れて謝罪するという。【塚原和俊、安部拓輝】
毎日新聞 2012年3月2日 12時19分(最終更新 3月2日 16時18分)
posted by mediapatroler at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

ヤフー知恵袋でもやらせ投稿…揺らぐ信頼性

韓流やらせ狩りはいつやるんでしょうか?

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120116-OYT1T00679.htm?from=top

ヤフー知恵袋でもやらせ投稿…揺らぐ信頼性

 飲食店の人気ランキングサイト「食ベログ」で業者によるランキング操作があった問題で、質問掲示板「ヤフー知恵袋」でも専門業者が飲食店の依頼で“やらせ投稿”を行っていたことがわかった。不正の横行で、匿名による善意の投稿に支えられる口コミサイトの信頼性が問われそうだ。

 「ヤフー知恵袋」にやらせ投稿を依頼していたのは、東証1部上場の商社「JALUX」(東京)が羽田空港内で経営する飲食店。

 同社によると、昨春、店側が「投稿請負業」を名乗る業者に依頼し、昨年4〜7月、4度にわたって「ヤフー知恵袋」にやらせの質問と回答を書き込ませたという。
 まず、「羽田空港内でお薦めの店はどこですか」と質問し、「空港で働いているので空港のレストランは詳しいですよ」などと一般回答者を装って「この店が一番いい」などと推奨していた。同社は「社会通念上許されない行為だった」と陳謝する。
 歯科医院や美容院などの情報を掲載するサイト「口コミ広場」の運営会社「クインテット」(同)によると、こうしたやらせ投稿を請け負う業者は数年前から目立ち始め、同社でも2010年冬、やらせとみられる3業者の書き込みを削除したという。
 昨年10月まで、ヤフー知恵袋上で口コミ代行業を行っていた都内の広告会社の社員は、「バイトに書き込む文言を指示して投稿させていた」と打ち明ける。英会話教材、健康食品、化粧品などの数十社と契約し、「英会話のテープはどれがいい?」「実際に聴いてみたら、これが一番だった」などと投稿させ、回答欄には会社のホームページのアドレスを入れるという。1回の料金は5000円で、20回8万円などのセット価格も用意。約1年で100万円ほどの収益を得ていたという。
2012年1月16日14時30分  読売新聞)
posted by mediapatroler at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

歯科、美容外科の口コミサイトでもやらせ書き込み、業者特定急ぐ

ネット工作業界のやらせがどんどん発覚してますね。

次は、フジテレビから受注していうネット工作会社、韓流やらせ工作を受注している会社もついでに狙ってみましょう。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120115/crm12011501300001-n1.htm

歯科、美容外科の口コミサイトでもやらせ書き込み、業者特定急ぐ

2012.1.15 07:30 (1/2ページ)
 

やらせ書き込みが問題になった口コミサイト「食べログ」=14日(飯田英男撮影)

 飲食店の口(くち)コミサイト「食べログ」で、やらせ業者が好意的な口コミ投稿を有料で請け負っていた問題で、飲食店以外にも矯正歯科やエステサロン、美容外科などの口コミサイトで同様の“やらせ書き込み”が相次いでいることが14日、分かった。こうした行為は「ステルスマーケティング」とも呼ばれる。消費者庁は、やらせ書き込みについて景品表示法の「不当表示」に抵触しないか調査に乗り出しており、サイト運営会社もインターネットの接続業者側に投稿者の情報開示を求める方針だ。
 “やらせ書き込み”とみられる口コミが相次いだのは「クインテット」(東京)が運営する投稿サイト「口コミ広場」。
 クインテットは、美容外科▽矯正歯科▽エステ▽整体▽岩盤浴▽美容院▽ヨガ−などのジャンルごとに、利用者が感想を書き込む掲示板を運営。月間利用者は延べ200万人に上る。
 同社によると、平成22年冬から海外のサーバーを経由した書き込みが相次ぐようになった。同一のIPアドレス(ネット上の住所)から特定の歯科医院やエステ店、美容外科への好意的な書き込みが続いたため、不正な書き込みと判断した。同様の書き込みは、削除後も、国内の別のIPアドレスから続いたという。

 クインテットの担当者は「店舗側から『なぜ削除するのか』と問い合わせが来ることもあり、やらせ業者の関与は明らか」と話す。このやらせ業者は、約30の店舗や医院、クリニックから依頼を受けていたとみられるという。

また、すでに書き込まれた否定的な意見については、企業への誹謗(ひぼう)中傷対策を行う大手企業などを名乗り、「3件15万円で削除できる」などと持ちかけるケースもある。都内の矯正歯科医院の関係者は、「断ったところ、今度は『逆によい声を書き込むこともできる』と持ちかけられた」と証言している。

 クインテットによると、「誹謗中傷がある」などと書き込みの削除依頼があった後、同社が「削除基準に満たない」として拒否したところ、逆にその店舗に対する好意的な口コミが連続して投稿されたケースもあったという。
 ITジャーナリスト、井上トシユキ氏の話「ステルスマーケティングは平成16年ごろから、芸能人やモデル、有名ブロガーに商品などを提供、好意的な書き込みをしてもらう手法として定着した。こうしたやらせ口コミもその一種とみられ、悪意がつけ込む機会は広がっている。ネットの情報は玉石混交ということを理解し、話半分として受け取る心構えが必要だ」
 ステルスマーケティングとは 宣伝でありながら、そうでないように見せかける販売促進活動。「ステルス」は「こっそり行うこと」の意。一般消費者を装い、ブログや評価サイトで商品を好意的に紹介する行為などを指す。インターネットの掲示板では「ステマ」などと略されている。
posted by mediapatroler at 07:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

環境省は押し紙の中国輸出自治体、企業について公表すべきだ

環境省はペットボトル輸出の自治体を公表するなら当然、押し紙新聞社の古紙の輸出量を公表すべきだ。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/111204/trd11120401000001-n1.htm

「回収ペットボトル」 海外売却の自治体名を公表へ 環境省

2011.12.4 01:00  国内でリサイクルすべき使用済みペットボトルが、回収先の自治体から海外へと売却されるケースが後を絶たないため、環境省が、来年度から海外売却をしている自治体名を公表する方針を固めたことが3日、分かった。貴重な再生資源の消失となるほか、国内のリサイクル業者の経営悪化を防ぐためだ。ただ、海外の方が高値で購入してくれるなど、自治体にとっては国の方針に素直に応じにくい事情もあるようだ。
 容器包装リサイクル法によると、家庭から出たペットボトルは市町村が回収し、飲料・食品メーカーなどで構成する国の指定法人「日本容器包装リサイクル協会」に引き渡すことになっている。同法は企業に廃棄物の削減義務を課し、再資源化を促す目的で制定された。協会が市町村と業者の仲立ちをし、業者に入札を通じてペットボトルを売却、業者が再商品化する仕組みだ。

 ペットボトルは石油を原料としており、再商品化されれば、卵パックなど食品トレーや、自動車関連部品、建築資材、衣服など用途は多岐にわたり、リサイクルによって資源の節約につながる。

ところが近年、原油高を背景に再生資源としてのペットボトルの価値が上昇すると、回収品を海外に売却する自治体が増加。環境省によると、指定法人に引き渡さない「独自ルート」を利用する自治体は平成22年度で約670にもなる。

 PETボトルリサイクル推進協議会によると、独自ルートに流れる量は14年度は3万トンだったものが22年度は9・2万トンへと3倍に増加。20年以降は減少傾向にあったが、23年度は再び増加に転じる見通しだ。協議会では、そのうち約4割が海外に流れているとみている。
 関係者によると、海外に向けた使用済みペットボトルの9割以上が中国へ流出。中国は日本の取引価格の約3倍で購入するため、中国向けの輸出は5年前の4倍になったという。
 日本製は品質が良いため、高値で購入しても、リサイクルした商品を売れば元が取れるようだ。

 海外に売却している、ある自治体の担当者は「指定法人ルートよりも高く販売できるから」と返答。また別の自治体では「量が多いときに迅速に引き取ってもらえるなど柔軟に対応してもらえる」と、独自ルートに流す理由を話す。

環境省は20年度から毎年、「(ペットボトルの独自処理は)基本方針に違反しており、リサイクル法の趣旨にも反している」という趣旨の通知を自治体に出している。だが通知には強制力はなく、この4年間で独自ルートに流す自治体の数は変わっていない。

 危機感を強める環境省では「国内のリサイクル制度を堅持し、業者を保護するためには、方針を守らない自治体名の公表も辞さない」と話している。(天野健作)

http://www.asahi.com/special/070110/TKY200704200388.html

古紙めぐり争奪戦 商社、中国輸出、製紙大手は備蓄も

2007年04月21日17時28分

 使用済み段ボールや古新聞をめぐって争奪戦が起きている。リサイクル用に古紙需要が増えている中国などに向けて、商社や問屋は輸出を増加。一方、国内の製紙会社も買い取り価格を引き上げ、古紙の確保に懸命だ。
 
写真高騰する古紙。段ボール製造大手のレンゴーは備蓄のため専用倉庫を造った=栃木県下野市で
グラフ古紙の輸出量と国内価格の推移
 「(買い取り価格を)値上げしないと、古紙を確保できない」。日本製紙連合会の鈴木正一郎会長(王子製紙会長)は、20日の定例会見で渋い表情をみせた。
 製紙大手は4月から、段ボール古紙の買い付け価格を1キロあたり2.5円引き上げ、13円とした。02年の2倍以上だが、それでも輸出価格よりは割安だ。古新聞の国内価格も輸出需要に押し上げられて、今年に入りキロあたり2円上げた(価格や時期は首都圏)。
 古紙再生促進センター(東京都)によると、古紙の06年の輸出量は約390万トンで、02年の2倍。00年に比べれば10倍だ。うち8割は中国向け。各地の資源回収集積所では古紙の持ち去りが頻発しているが、その一部も中国へ輸出されているとみられる。
 中国では段ボールや紙箱などの原料として古紙の需要が急増しているが、05年時点の回収率は3割しかなく、7割ある日本の半分以下。「世界の工場」の中国から、輸出品を詰めた段ボールが海外に続々と出ていくことも、回収率が伸びない一因だ。
 輸出用に古紙を奪われた日本の製紙会社は苦しい状況に追い込まれている。段ボール原紙の9割以上、そのほかの紙の4割弱は古紙が原料。木材チップを原料とすると、古紙を再生した場合に比べて割高となる。
 レンゴーは古紙の高騰に耐えかね、2月から段ボール原紙の生産量を8%削減。古紙専用の倉庫を栃木県下野市に造って、今月からは備蓄を始めた。王子製紙も昨夏以降に倉庫を3軒造った。
 買い付け価格の引き上げは、製紙各社の利益を圧迫する。王子製紙は古紙の高騰による減益を85億円(06年度)とはじく。経常利益の1割強だ。「製品の販売価格に転嫁するしかない」。20日の会見で、同社会長でもある鈴木氏はそうも語ったが、需要家が応じるかどうかは不透明だ。
 
posted by mediapatroler at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

マスコミもみかじめ料要求した時点で即逮捕となりませんか?


マスコミもみかじめ料要求した時点で即逮捕となりませんか?

………………………………………………………………………………
http://www.asahi.com/national/update/1013/TKY201110130208.html

みかじめ料要求は即逮捕へ 「特別暴力団指定」を検討
 暴力団対策法の改正を目指している警察庁は、これまでの「指定暴力団」のほかに「特別指定暴力団」を新設し、取り締まり強化を検討している。暴力団の追放や排除に取り組む市民や企業を襲撃から守るため、住民に代わり組事務所の立ち退き訴訟を起こせる仕組みも作る。来年2月に改正法案を閣議決定したい考えだ。

 いまの暴対法は、犯罪歴のある構成員の比率などを基に都道府県の公安委員会が選んだ「指定暴力団」を取り締まり対象としている。現在は国内最大の山口組(本拠・神戸市)など22組織が指定されている。
 「特別指定暴力団」は、「一般市民や企業に危害を加えても利益を追い求め、指定暴力団よりも悪質、危険な組織」と位置づける。過去に市民や企業事務所を襲った構成員がいることなどを条件に指定暴力団の中から選ぶという。
 これまでは構成員が飲食店などに対してトラブル解決の報酬「みかじめ料」を求めた場合、公安委員会が中止命令を出す。従わない場合は再発防止を命じ、さらに繰り返したら警察が逮捕してきた。
 これに対して特別指定暴力団の構成員は、みかじめ料要求など暴対法に定める禁止行為をしたら、すぐに逮捕できるようにする。

………………………………………………………………………………


http://2chnull.info/r/morningcoffee/1319281300/101-200

146:名無し募集中。。。:2011/10/22(土) 21:59:51.27 O
>>90
花王に限らずテレビのスポンサーはみんなそうだよ
テレビってかマスコミはある意味「報道ヤクザ」で
スポンサーはマスコミに「みかじめ料」を払ってネガキャンしないでくださいってお願いしてるの
「ペンは剣よりも強し」ってのは本当はこういう意味なのさ

で、その「みかじめ料」の徴収を請け負ってるのが「広告代理店」
一番叩かなければならないのは花王でもフジテレビでもなく本当はここ(つまり、電通)なんだよ


162:softbank218177188026.bbtec.net:2011/10/22(土) 22:22:14.39 0
スポンサーが金を出して番組を提供してるわけだから
その番組が気に入らなければスポンサーを叩くのは道理にかなってるだろ
例え、みかじめ料だとしても国民を敵に回したらそれ以上の損害をこうむるってことをスポンサー企業に
わからせるために今回の不買運動を推進してるわけだろ?
だから、今回は花王が見せしめになっている
そのことを各スポンサー企業が悟り安易にみかじめ料を払わなくなれば、
テレビ局のみならず、当然、電通へのダメージにもなるはずだ
だから、絶対この不買運動で花王に打撃を与えなくちゃならない


記者倶楽部がみかじめ料(官房機密費)要求の話
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/3900f11ad5991e090d00acfb194e4bf7


http://tokumei10.blogspot.com/2011/01/blog-post_4334.html
匿名さんのコメント...
【スクープ】 あの企業も?グルーポン関連(クーポンサービス)業界相関図
http://www.bb-news.biz/2011/01/blog-post.html

こちらの評価をお願いします><

2011年1月5日8:52 
ABCさんのコメント...
>森健次 司興業 居酒屋ばか

団長コメント
>この数字には何か深い意味が在るのかな?

クーポンサイト,共同購入サイト,グルーポンは合法的なみかじめ料徴収システム
http://tokumei10.blogspot.com/2011/01/blog-post_4334.html

まあ要するに何枚売れたかなんて関係ないんですよね、ホントは・・・(爆w

>カウポン
基本的には同じでしょう。
バックが何処の組、いや誰かかの違いだけでしょ・・・(爆w

まあだからお店も断れないか、舎弟・・・下記みたいに何らかの関係がある店なんじゃなイカ。(爆w

弘道会の最高幹部森健次と「やぶやグループ」社長逮捕
http://tokumei10.blogspot.com/2010/07/blog-post_03.html

これに加えて、クレジットカードの元締めをやる。
こうして、マネロン体制が着々と作られている。

2011年1月5日9:14

posted by mediapatroler at 17:29| Comment(0) | 不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする