野党幹部と記者の取材メモ流出、当局で分析中

・安倍首相の失言が最大チャンス。党首討論でイライラしたらベスト。うちのトップに出来るだけネタはしこむ
・閣僚の決定的な失言。期待するなら麻生さん
・災害が起きて官邸が対応できなければ議席増
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141202/plt1412021140001-n1.htm




*補足
野党幹部が、記者とのオフレコ取材の席で、衆院選の苦戦を認めたうえで、「自然災害が起きて首相官邸が対応できなかったら、(議席増の)自信はある」と語っていたメモが永田町の一部に流れ、波紋を広げている。これが事実ならば、政治家としての資質を問われそうだ。

 この取材メモは、与党幹部や官邸周辺も入手し、情報当局などで分析が行われている。

 メモによると、野党幹部は衆院選の現状について、「かなり厳しい状態になっているのは事実」「まだ状況は変わる」などといい、選挙の潮目が変わる可能性として、以下のように語っている。

 「安倍晋三首相の失言が最大のチャンスだ。党首討論でイライラしてくれたらベスト。そうしたら雰囲気は変わる。うちのトップにもできるだけのネタは仕込むつもりだ」

 「閣僚の失言。これは決定的なものがいい。期待するなら麻生(太郎副総理兼財務相)さんくらいか。麻生さんはテレビに出る機会はあるの?」

 
「マスコミの世論調査報道の後。これは君らマスコミに期待だ。ここで自民党がさらに強くなるのか、それとも風がこちらに吹くのか。本当に期待している」

 野党幹部と記者の昵懇(じっこん)ぶりがうかがえる記述だ。

 そして、野党幹部は「これは完オフ(=完全なオフレコ)だ」といい、こう続けている。

 「自然災害とか何か大きな現象が起き、これに官邸が対応できないことだ。菅義偉官房長官も地方に相当出るんでしょ? 万が一、2人(安倍首相と菅氏)が官邸にいない時に、こういう現象が起きれば、『官邸は選挙だけに夢中で、政府として最も大事な時に対応ができなかった』となる。こんな事態となり、それだけを攻めれば、(議席増の)自信はある」

 いくら選挙とはいえ、悲しすぎる発言だ。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141202/plt1412021140001-n1.htm

*クリックして拡大
fuji20141302p3acs