2017年10月29日

NHK受信契約訴訟 最高裁大法廷で弁論



さて、どうなるか

NHK受信契約訴訟 最高裁大法廷で弁論

NHKが受信契約の申し込みに応じない男性に対して起こした裁判で、25日、最高裁判所大法廷で弁論が開かれ、男性側が「受信契約の強制は契約の自由に対する侵害だ」と述べたのに対し、NHKは「豊かな番組を放送するには受信料制度が不可欠だ」と述べました。

NHKは、テレビなどの設置者に受信契約を義務づける放送法の規定に基づき、繰り返し契約を申し込んでも応じない人たちに対して、申し込みを承諾することや受信料の支払いなどを求める訴えを起こしています。

このうち、都内の男性に対する裁判で、1審と2審は、放送法の規定は憲法に違反しないとしたうえで、NHKが裁判を起こして訴えが認められれば契約が成立し、テレビなどを設置した時点にさかのぼって支払い義務が生じるという判決を言い渡し、双方が上告しています。

25日、最高裁判所大法廷で開かれた弁論で、男性側は「受信契約の締結の強制は契約の自由に対する重大な侵害で、放送を視聴する人たちが任意に契約すべきだ」と述べました。

これに対し、NHKは「不偏不党を貫き多角的な視点を踏まえた豊かな番組を放送するには受信料制度が不可欠で、契約の義務づけには必要性や合理性がある」と述べました。

判決は年内にも言い渡されると見られ、最高裁はNHKの受信契約をめぐって初めての判断を示す見通しです。

posted by mediapatroler at 06:11| Comment(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

NHK解体論。


ライターさん(最終更新日時:2013/9/9)投稿日:

NHKは速やかに解体すべきです。これは国会で決めるべきです。
もう組織の再編では無理です。あまりに酷すぎます。
犯罪者は社会の10000倍排出する。国民軽視などです。
理由を列挙します。

◎国家損失を起こす報道を平気でする。その体質。
 
◎上記の具体例民主党が言う前にTPPに日本が遅れると韓国に負けるからTPPは絶対入るべきだと地震前に大々キャンペーンを張るという犯罪を犯しました。

◎同じく消費税が今しなければ国家破綻すると騒ぎ出す。(消費税を負担させないで、公務員の人件費を減らすだけで35兆円の歳出削減になります。詳しくは他のノートに書いてあります)

◎鯨の太地町の毛頭犯罪を擁護するような番組を作りました。(多分犯罪を見逃した節があります)

◎ロシアに行って現地の住民が、北方領土は我々の領土であると言ってるのをそのまま報道した。断定させてしまったのです。(考えられません、正しくどういう歴史経緯か伝えてからどう思うがジャーナリスムです。)

◎その敵国といえる国家ロシアに、NHKは無謀にも家族に乾杯を撮影に行きました。考えられません。

◎韓流という言葉を流行らせて、国民を、犯罪民族の餌食にしました。

◎上記の具体例、冬ソナの人気、最初は誰も見なかったそれでNHKが捏造人気を自ら演出しました。僅か20人位の在日朝鮮人を使って人気が有るがごとき捏造報道をして
人気があると嘘を放送して、しかもあらゆる番組を使いまた宣伝を何時間もして無理やり
冬ソナをはやらしました。しかも韓国ドラマは日本のドラマのパクリバカリです。

◎日本のドラマ歌謡曲などアメリカのパクリの時代が昔かなり有りました。しかし国営放送が国家損失をする。報道はしてはなりません。しかも自らの行為でやったのです。つまり犯罪です。しかも冬ソナはNHKの君の名はのパクりです。ありえません。

◎韓国のドラマをそれから無理やり日本の放送でしかも自らのドラマでもやらない。ハイビジョン、BS2、そして、総合と3回も同じドラマの放送をする蛮行を行っています。

◎問題は、少女時代の9時ニューストップでしかもその名さえ知らない。段階で韓国の大物スターのどうのこうのと宣伝する行為を行ったのです。

◎韓国ドラマはそもそも流したら捨てる運命なんです。それに価値を与えたのですからぼろ儲けですね。賄賂と接待の嵐でしょう。犯罪です。しかも販売価格を大幅に上回る価格で買う行為までしてるようです。

◎韓国スターの来日番組で何回特別番組を作ったか、わからないほどでしょう。何十回です。宣伝番組ですね。

◎韓国旅行宣伝まで国営放送でしてしまってるのです。

◎中国の電気会社のハリヤーの宣伝もしました。

◎企業秘密がNHKによって沢山海外流失しています。しかも小さな料理屋だのいろいろの料理さえそのコツをテレビで放送しています。

◎農業技術の流失もしています。絶対放送すべきではないのだから本当の公営放送を任ずるなら、もし、出していいといっても自主的に隠すべきなんです。

◎そして、その少女時代が全国ツアーをするに先駆けて、深夜にプロモーションビデオを流す蛮行を行ったのです。歌は一切歌っていません。しかも中で日本全国ツアーがあることを放送しています。しかも5時6時台にこの放送があることを、一ヶ月に渡り何十回も放送してることです。


◎その番組は宣伝放送そのものです。しかも1時間の宣伝です。

◎NHKスペシャルは、宣伝放送に変わってしまいました。問題は内容です。しかも日本の
企業から産業スパイ行為を行った犯罪者を出演させての放送です。なぜ韓国のメーカーがいいか日本の技術者がかかわってるから?国家放送を行う放送局が放送すべき問題ではないです。

◎NHKはニュース番組の中でも半分を使って日本のテレビより韓国のテレビの方が値段は半分でしかも品質も同じくらいだから韓国製を買った方が得だという意味の放送をしたのです。考えられません。

◎環境企業が中国に、2足3文で技術をとられるところをそうし組んでというかそうさせて
其れを撮って放送するという暴挙をしました。ああいう場合、国営放送は国益で止めるべき行為です。考えられません。

◎韓国との犯罪的繋がりは、どうも韓国のマフアとNHKが関係するとしか考えられません。韓国の芸能人は、下半身接待が常識なんです。しかも、マフアとつながっています。
何でNHKが、韓国のドラマ、韓国の歌手を使い、何で、敵対的な国家に支局を置くかしかも大問題は其処に朝鮮人が雇われてるか、また、朝鮮人の名前を現地語にするか、
賄賂しかないですね。かなりの賄賂でしょう。問題は、少女時代もKARAも仕事も無いのに日本に来てることです。勿論下半身接待です。

◎日曜美術館に朝鮮人をキャスターにしたこと。美術は感性です。日本の心を朝鮮人に分かるわけがない。

◎日本の代表を決めるマラソンにわが国の為に走ってもらう。日の丸の代表と一切いえない。わが国とも言えない。朝鮮人に解説させる行為を何故するか。

◎BS1は完全に日本語を捨てた行為をしています。しかも、日本人さえ排除ですか。考えられません。毛頭と混血のオンパレードです。

◎NHKは土人が日本に来て、日本国民の若者が仕事をしないように、労働者だの,3K労働者だの差別人言葉を使い、しかもこれら土人が、日本の介護師に簡単に受かるように
しろと大騒ぎして、小宮山にいって国家試験の時間延長とルビを振るという蛮行を行った。考えられません。国民を愚弄してる証拠です。介護師というのはヘルパーの上になるのです。分かりますね。ヘルパーの下に、介護人、つまり土人の奴隷になれと国民に言ってるのです。

◎NHKの差別的行為はそれにとどまりません。労働者と侮蔑する。あるいは、浮浪者と侮蔑する。しかも、外国人が日本にきて本国で医者なら、優秀な、とか言い出す始末です。また学歴があれば、有能な外国人無能な日本人の連呼をします。日本国民が肉体労働しか出来ない。ここまで日本国民を愚弄してるのです。

◎歴史的歪曲と日本軍の批判、何でも日本軍が悪いというイメージ放送が多すぎます。

◎そのいい例が証言です。実際に昭和30頃に彼らに証言を取れば分かるのですか。私はその頃戦争に行った人々に色々聞いています。あのような証言は一切ありません。
いかに相手を倒すかだけです。それほど恐れた者は居ません。其れが愚痴ばかりです。
もっと勇猛果敢です。しかも全部戦闘経験者は一人もいない。話になりません。あんなもので戦争の証言といえるか、全部蛸壺に入って逃げ回って人肉食らった連中だけです。


そんな者の証言聞いて何の役に立ちます。日本軍の武器すら知らない者ばかりです。


最前線で戦闘をしてしかも多くの戦友を殺されて生き返ってきた人間は証言のようなカスはあのようなことは言いません。

◎酷いのは長いインタビューから切り貼りして、嘘八百の証言を台湾の方々の証言を全く違うように編集して日本軍は最低で日本民族を大きく嫌うという意味にしてしまったのです。国際問題になっています。とんでも有りません。しかも訂正のお詫び報道をしていません。

◎韓国の歴史捏造報道、もう全く話になりません。日本の文化は韓国からだとか、韓国の血統が日本に入ってるかのような報道です。遺伝子的に韓国の遺伝子は殆ど日本民族には入っていません。朝鮮人の遺伝子は、強姦、殺人、強盗民族であることは世界の
共通認識です。

◎韓国の韓国から韓国より、を年中放送しています。この捏造どうにもならないです。
日本の中学校以下の少女の将来が危険です、実際に韓国に行って行方不明に何十人もなってるのです。殺人だけでも10人を超えています。


◎NHKは韓国での日本人の上記のような犠牲、また統一教会による人身売買と韓国での日本人多数の性奴隷になってる事実は報道しません。

◎韓国は義捐金を政府が没収して竹島を軍事要塞化させてしまいました。しかしNHKはこのことを放送しない。しかも竹島はゴーグルの地図では完璧に韓国領土になってしまっています。考えられません。何故そうなったか、決まっていますね、NHKのこの狂った放送局の存在です。しかも敵国である韓国語をテレビで教える蛮行です。ドイツ語、フランス語スペイン語なら使えます。朝鮮語など要らないのです、不用です。

◎NHKの平均給与が2000万円です。考えられますか。基本給だけで1000万円です。残業しなくても残業が乗るというのです。しかも手当てだらけ、その上衣服から社宅から充分な出張費、交通費なんか全部出ます。ちょろまかしもし放題になりますね。
しかも、韓流捏造で充分な賄賂など、しかもそれでも使いきれないから、NHK天下り。

◎そもそも一般国民の5倍しかも同局で夫婦が多いです。其れだと10倍です。そんな者が日本国民の気持ちが分かるわけがない。

◎この前のニュース深読で独り者250万円でこれでどうやって生活できるというアナウンサーもう話になりません。実際に最低賃金が700円なら7000円が一杯です。250万も不可能な時代なのです。ふざけてるというしかないです。

◎NHKの職員の仕事、殆どは日本中の県庁と警察と裁判所、と電話で役所、それと懇意にする。多くの天下り独立法人だの特殊法人だの公益法人だけです。

◎つまり遊んで暮らせるのです。仕事月1時間ありません。そんなものに7000億円も
日本国民は盗まれてるのです。

◎国会議員でさえ1000億円です。いかに多すぎるかわかりますね。(国会議員も多すぎる。日本の政治家全部で22000人に金が入りすぎです。国会議員世界標準なら1000万×700人で70億円で言い訳です。そしたら1000人にするんです。)


◎この前の太平洋東北大震災の犠牲が2万人になった原因もNHK職員の真剣さが無いからでしょう。日本国民と同じではないからです。完全に関係ない人間なんです。だから俺でもこれは危険だなと思ったのに真剣に放送しないから伝わらなかったのです。


このような企業を公共放送にしておいていいのか駄目でしょう。あまりにも国民と乖離しています。解体して今までの職員を一切雇わないで、新しく全部の組織を変えて日本国家日本国民のための組織を作り直すべきです。


NHKは法律で守られています。しかし日本に必要ないのです。方法は一つ、経済破壊です。受信料不払いを推し進めるしかないのです。そのために少しの努力をするのです。
其れが今の私の使命です。

以下はおまけです。

◎NHKはそうですね今から10年以上前から日本を韓国に占領させる。洗脳放送を、専門にしています。しかも実に巧みなんです。かなりの金で買収されてるのです。


NHKの幹部が賄賂づけになってるのが手に取様に分かります。


いま此処に日本人は朝鮮人は朝鮮人と全く違う人種であるというと違う日本には沢山大陸から朝鮮人が入って殆ど朝鮮人に代わってると洗脳されてる人間がいるが実際に朝鮮の遺伝子は日本国家には入っていません。


そもそも強姦、殺人。強盗、恐喝、窃盗、泥棒、盗み、スリ、置き引きを平気で出来る遺伝子を持ってる、朝鮮人と同じわけがないのです。



◎NHKは番組を作ってきたのです。変なオカシイ番組を作ってきて其れを流す。しかし、誰も反論できない。できる訳がないのです。


証拠も何もないものをさも証拠があるように放送するのですから、打製石器と磨製石器どちらが優秀かと同じなんです。


土素人は磨製の方が優秀と思うでしょう。しかし打製の方が優秀だし材も高級です。しかし莫迦学者は磨製が文明だといっています。


しかも磨製が弥生人だと全くの嘘、打製石器が幾らでも畑から出てきてるのだから縄文も弥生も糞もないのです。


ただ莫迦学者が決めてるだけなんです。弥生土器だの、縄文土器も全く入り混じっています。実際に縄文土器が幾らでも弥生の時代の地層から出てるのに嘘を莫迦学者が唱えてるに過ぎないのです。


実際に子供の頃打製石器をそして弥生土器と縄文土器と磨製石器が俺んちの畑に幾らでも出てるんだよ。


いまでも掘れば幾らでも証拠がある、莫迦学者が来たから言っても金にならんのだろう知らん顔してる。いい加減な者です。


◎さてNHKの捏造番組、山の上に石垣でかなりの数の山城が戦国時代あるいは、その前もっと昔から日本中に造られています。


しかしこの山城が朝鮮の技術だとNHKが放送したのです。全くよくもまあそんな捏造ができたものです。日本から技術が行ったのなら其れもあるかも知れませんが、NHKが言うには、3世紀から7世紀まで朝鮮人が自由に日本にきて日本は朝鮮の属国であったと放送したのです。考えられません。


しかも日本語は韓国の方言だとまで言い出しました。其処に出てきた学者は全部朝鮮人です。全く野時代考証さえしていません。戦国時代も山城を大和朝廷の時代にしてしまったりめちゃくちゃなんです。


そういう番組で嘘800番組つくり洗脳して行ったのです。石の人工物の年代推定が出来ないことをいいことに何でもいいます。しかし山城など日本には腐るほどあります。しかしそこでは守備が出来ません。領民を確保できません。逃げ込むだけであり、見張り場であるだけです。


◎また墓でも同じようなことを言っていました。韓国の墓を出してきて日本の墓が韓国からの技術で作られている。どうのこうのです。ありえません。


日本の中だけで覇権を握るのが大変な時代に韓国から簡単に墓が作られるという意味は沢山の移民が来たということを言いたいのか。わけの分からない番組を作りました。


しかし流行があったことは確かです。その発祥も分かりません日本の場合の方が多いでしょうね。何せ日本の植民地が韓国にあったのだから。


◎しかしその日本の植民地さえ、捏造してそんな事実はなかったかのような番組を作ったというのです。日本には韓国に作るような技術はなかった。しあの歴史は嘘だと放送したというのです。


◎しかも日本の地方の部落の姓が皆同じであるからこれは韓国からきた氏族であると
そして韓国から何々を伝えたのである。と言うような捏造放送をしました。番組の内容が
一つ氏が同じだから此処と此処と此処という風に日本の中に幾つもの朝鮮部落があったごとき捏造放送をしたのです。


それも此処何百年も遠くない時期に日本に入り込んできたような想定です。ありえません。そんなに日本に土地が残っていたなら、戦争も起こらないでしょう。


しかも関所も戸籍も完備してる日本にどうやって異民族で言葉が違う者が住み着くことができる訳がない。いい加減に腹が立つが一方通行の放送ですからどうにもなりません。


◎NHKは日本の国家放送とはいえないのはこれで決定的でしょう。日本国民の放送局ではないのです、受信料は払うべきではないです。潰すべきです。


◎意味分かりますか、文字のない時代から日本は韓国の属国である日本は朝鮮人に支配し続けられていた。天皇も実は朝鮮人の末裔だと結論つける行為を放送してたのです。


其れを発表したのが、今回の平清盛なんです。王家と言っていたでしょう。何でか分かりますよね、一連の流れでそうなるわけです。


◎日本の田舎では氏を持ったのは明治になってからです。其れまでは名前です。名前の前に屋号がありました。屋号はあだ名のようなものです。其れが明治になって氏を付けれるなら殆ど村の中では親戚です。だから同じになったのです。こじつけも良いところです。


◎実は倭寇でもNHKは嘘を放送していました。倭寇は朝鮮人が親玉で朝鮮人の下に
日本の奴隷が働いていたと放送したのです。もうこうなったら話にも絵にもなりません。


もし其れが本当なら、朝鮮半島は火達磨になります。話にも絵にもならない放送を平気でするのです。もう3流雑誌以下ですよ。朝鮮の傀儡放送局に何で受信料を払う必要があるのですか。

フジテレビより酷いのです。フジテレビは視聴率を下げるだけで(これも捏造してるようですが)もうスポンサー企業がどんどん逃げています。まあ巨大の企業で打ち消し行為をしたがフジテレビ関係の企業みな死に態です。間違いなく潰れるでしょう。


問題はNHK幾ら苦情を入れても直しませんね自分で自分の首を絞めています。多分民主党が殆ど次の選挙で消えるでしょう。


10人当選しませんよ。つまり、そのときに日本中から次の政権にNHKを解体要望書を入れるでしょう。もうそうなれば終わりです。もう公共放送の意味が無いのです。


税金でamラジオ一局と全国放送の政府放送其れもニュースのみ2時間、それと、教育テレビ3時間地上波一局ですね。それで他全部おわりです。


それで充分ではないでしょうか、民間の放送が幾らでも見られる時代です。


追加


韓国では日本の属国であった証拠の隠滅を計ってるようです。国家主導でそういう行為をする国なんです。日本の前方後円墳墓を壊してるのです。わかりますか。前方後円墳。

日本からかなり身分の高い支配層が朝鮮人を支配していたという証拠になるからです。


NHKの言う捏造歴史の流れから逆行するからです。NHKは未だこの事実を放送しません。


それはそうですね。するわけがないのです。


◎天安門事件はなかった放送まで国谷を使って放送しています。これなどはもう完全なアメリカ同盟違反行為です。よくアメリカが黙ってるものですね。


posted by mediapatroler at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

【NHK完全終了】「テレビ故障」認める判決!…NHK受信料“解約ラッシュ”の可能性

こういう解約手段あること、ご存じでしたか?


1@Sunset Shimmer ★2015/09/12(土) 11:50:49.38ID:wqID6m0F*.net
画期的な判決が下された。今月1日、NHKが原告となった「放送受信料請求」訴訟で、
土浦簡易裁判所(茨城県)がNHKの請求を棄却した。その理由が前代未聞なのだ。

被告であるAさんは2012年2月ごろ、NHKにテレビの故障を理由に、電話で受信契約の解約を申し出た。

対するNHKは視聴者と交わす「放送受信規約」の9条を根拠に、「被告の解約の意思表示は
有効ではない」と反論。
解約について定めた9条には、テレビが故障した場合、視聴者が氏名や住所、
壊れたテレビの台数、壊れた理由などをNHK側に届け出て、さらにNHK側がテレビが壊れた
事実を確認するまで解約できない旨が記述されている。


かなり不平等な規約なのだが、土浦簡裁は、〈被告であるAさんが壊れたテレビを廃棄し、NHK側に電話して
解約の意思表示をしたことが推認される〉と判断し、〈原告の請求は理由がないから棄却〉と結論付けた。

NHK側が確認するまでもなく、視聴者がテレビの故障を報告すれば解約は成立するということだ

index

(記事の続きや関連情報はリンク先で) 引用元:日刊ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163822

posted by mediapatroler at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

TV販売の量販店とメーカーは、NHKにバックマージンを要求すべきだ

これ一理ありますね


NHKの電波を遮断するアンテナが発明されて、市販されるようだ。

しかし、NHKにとっては、これは許しがたいことなので、あらゆるロビー活動を通して阻止してくるだろう。つまり、脱着可能なので、いつでも見ようと思えば見れるという言いがかりである。

いずれにしても、テレビをもっていればNHKの受信料を払う義務がある(NHKと契約する義務がある)のは、現時点では間違いない。

と考えたら、そもそもテレビというのは、単体の商品ではないということだ。

つまり、5万円とか10万円とかの買い切り商品ではなく、携帯電話のように月々の利用料がかかる商品だということである。

地上波の年間契約で、約14,000円。つまり、テレビは、初期費用+年間費用1万4000円の契約だということができる。

もし、量販店のテレビ売り場に、こう書いてあったらどうだろう?

「30インチテレビ特価!46,800円!+税+年間利用料14,000円

*(利用料はテレビの視聴有無にかかわらず破棄するまでかかります)」

このテレビの値段を幾らだと認識するだろうか?。少なくとも46,800円ではあるまい。

同様に、テレビが、携帯みたいにタダでうっていたらどうだろうか、たとえばこんなぐあいに?

「30インチテレビ 実質0円! 5年間のご利用後に、46000円キャッシュバック。

(但し、年間利用料14,000円)」

私はこう表示されていたら、買わないと思う。ケータイ商法か。5年縛りの。と思ってしまうからだ。

しかし、よく比べてみればわかるように、後者のほうが条件が良い。

NHKは、テレビを持っていない独身者などに、どんどんテレビを配るのが賢い。利用料で儲けるモデルなのだから、端末はタダでいいだろう。日本のテレビ端末は無料になるべきで、こんなものに、5万とか、10万とか払っている現状は、どうかんがえてもおかしい。

メーカーや、量販店は、NHKからバックマージンを貰うように圧力をかけて、そうでなければ売らないということにしたらどうだろうか。

これは、根本的なところに気付くチャンスだ。法改正が不要で、かつ、こちらのほうが遮断アンテナよりもNHKだけ強い業界の力構造を変えるだろう。



posted by mediapatroler at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

みんなでNHKにNOと言おう! 〜筑波大の挑戦を支持する〜

NHKの贅沢三昧がしっかり書いてあります。


みんなでNHKにNOと言おう! 〜筑波大の挑戦を支持する〜

ライブドアニュースにも上がっていたが、日刊ゲンダイさんが非常に興味深い記事を掲載していた。僕がMCを務める「バラいろダンディ」でも先日取り上げたのだが、これはみんなで情報を共有し、話し合う価値のある話題ではないかと思う。


受信料“拒否”可能に? 「NHKだけ映らないアンテナ」の波紋(日刊ゲンダイ)


このニュースは、僕も待ち望んでいたニュースであり、研究を進めている筑波大システム情報工学科・視覚メディア研究室の掛谷英紀准教授には、ぜひ一刻も早い商品化をお願いしたいところである。

僕は前の職場で働いているとき、NHKの超の付くオレ様な取材姿勢や、有り余る金をベースにした恐ろしいほどのバブル感覚を目の当たりにし続けてきた。
我々民法各局は、何らかのニュースになりそうな情報が入ると、局から契約しているカメラマン・音声さん・ドライバーさんとともに現場に向かう。周辺の住宅に取材依頼をし、ピンポンして回ったりする。懸命に回っていると、後からゆっくりと現れるのがNHKの取材者である。もちろん、我々のようにアルファードやセレナで来るはずはない。我々が支払った受信料で24時間契約してある真っ黒のピカピカに輝くハイヤーでやってくる。そして、取材現場を荒らして回る。

ある時だ。僕たちフジテレビのスタッフが事件被害者をよく知る家に取材を申し込もうとして、ピンポンしたところ、
「あ、もうNHKさんにお話ししましたからお帰りください」
と言われてしまい、まぁ…これはよくある話なので、粘って「どうか我々にも同じコメントになるかもしれませんが、一言だけ…」とお願いしたところ、なんとかその方が取材に応じてくれたことがあった。家の玄関に入り、最初に言われた一言を、僕はいまだに忘れることができない。

「すみません、NHKさんが先ほど家に来て『この後に来るだろう民法のワイドショーや週刊誌は、私たちNHKと違って下品でくだらない質問をしてくるので、家に上げなくていいですよ』とおっしゃったもので…」

その方は被害者の方の顔写真から、生い立ちまでかなり詳しい情報を知る人物だった。ひょっとしたらその方のインタビューをNHKで独占したい、と考えていたのかもしれないが…はっきり言って殺意すら覚えた。誰が下品だ?誰が。誰が「くだらない質問」をするって?お前たちが高尚で僕たちがくだらない人間たちとでも?

また、これは多くの人が知っていることだが、2008年のリーマンショック。日本を襲った大不況は我々テレビ局にも重くのしかかった。現場の経費は次々と削られ、その当時はフジテレビの取材陣も、お昼ご飯をすべて自費、コンビニの弁当などで賄っていた。もちろん、僕も一人の局員として、コンビニのごはんで過ごすことがほとんどだった。ローソンの「ノリ弁当」には何度助けられたか…。あの値段であのクオリティ…。まさにローソンの素晴らしさは…(以下略)。

そんな時でも、NHKさまの取材者たちはセレブリティな姿勢を崩さなかった。極寒の取材地で、我々がガタガタ震えながら、対象者が家から出てくるのを待っている中、みんなで温かい缶コーヒーで体を温めていた時、NHKの取材者がハイヤーの中で2000円はするであろうお重弁当を食べている。我々民放クルーたちは
「いいよな、NHKさまは」
と言いながら、指をしゃぶりながらその待遇を眺めていたものだ。

一つだけ言いたいのは、これらの待遇が…「自分たちの営業努力の結果で」得たお金なのであれば文句はない、ということだ。

はっきり言おう。NHKの職員はすでにどの民放各局よりも高収入を得ている。実際の額面は一見するとキー局のほうが多そうに見えるのだが、NHKのすごさは住居のサポートなど、生活面のあらゆるサポート体制が尋常ではないほどに整備されている点だ。その結果、実質賃金(可処分所得)に関していえば、すでに、民放ナンバー1であるフジテレビの若手社員であっても遠く及ばないほどの金額といえる状態なのだ。

それらのお金の原資はいったいどこから来ているのか?

なんで「家にテレビがある」というだけで、金を毎月取られなければいけないのか?

フジテレビだけでなく、全国の民放各局の営業職の人間は、どれほど毎日苦労を重ねているのか、NHKの殿様職員たちには分からないだろう。民放の営業のみんなは命を削り、下げたくもない頭を下げ、懸命にCMを取ってきている。それでも、倒産する可能性もある。そんな状態と隣り合わせのまま、とにかく懸命に、営業し、コンビニ弁当で、走り回っている僕らにとって…

NHKのあの集金システムは…納得のできるものでは到底なかった。

が、今回のニュースはそんな僕らのような人間にとって、一つの光明であり、衝撃だと言える。少なくとも、今回の記事の中のキモといえる一文である…

「NHKがそういうことをするのに、不公平を感じたんです。それなら、NHKと契約をしない自由があってもいい。今回の装置は、公共放送を改めて見直す問題提起になればと思っています」(筑波大・掛谷准教授)

は、絶対に正しい。この「NHKと契約しない自由」は日本国憲法で保障されている日本人の基本的人権の一つであることは間違いない。勝手に「ある一定の生活」を強要され、そのために毎月の負担を強いられる道理は存在しない。

もちろん、我々もNHKの素晴らしさをムゲに否定する気はない。特に災害報道の時など、ダントツで素晴らしい結果を出していると思う。あの溢れんばかりの資金力にものを言わせ、民放では逆立ちしても逆らえないほどの素晴らしいニュースを流し続ける。
また、それ以外の番組でも、民放で育った優秀なテレビマンを金の力のものを言わせ、次々と引き抜き、もはや民放のバラエティー番組を全く変わらない企画があふれかえっている。NHKが好きな人、NHKを見たいなぁ…と思っている人たちはそのまま見ればいいのである。

が、僕のように、昔から嫌な思いを何度もさせられたり、NHKなど見なくても、十分な情報収集のできる人間にとっては、「NHKを見ない自由」は許されるべきではないか、とずっと思っていた。

少なくとも、今までのNHKの集金システムの根幹である
「家にテレビがある以上、NHKを見ることが出来ているはずです!」
という言葉は、今回の研究により、完全に無に帰すこととなる。記事内容が確かであれば、ほぼ100%の確率でNHKだけを遮断することができるようになるのだ。これをつけてまで毎月の受信料を取られる謂れはない。なんてったって「受信してない」からだ。

僕は筑波大の掛谷准教授の研究を全面的に支持する。一刻も早い製品化を応援したい。頑張ってほしい!

posted by mediapatroler at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする