2015年08月01日

フジテレビのコネ入社実態 あまりにひどいとしか言いようがない

コネコネテレビ、見る価値あるのでしょうか?



▼「フジテレビはコネテレビ!」▼
永六輔(■朝鮮人■放送作家)の長女=永麻理
宇津井健(俳優)の長男=宇津井隆
竜崎勝(俳優)の娘=高島彩
田淵幸一(野球)とジャネット八田(タレント)の息子= 田淵裕章
高橋英樹(俳優)と小林亜紀子(女優)の娘=高橋真麻
かまやつひろし(ミュージシャン)の長男=TAROかまやつ
永島昭浩(サッカー)の娘=永島優美
陣内孝則(俳優)の息子=陣内太郎
渥美清(俳優)の長男=田所健太郎
生田斗真(俳優)の弟=生田聖竜
三木正浩(■朝鮮人:姜正浩■ABCマート創業者)の長女= 三木絵里加
小仲正克(日本香堂の社長)の次男=小仲正重
電通の重役の娘=中井美穂
テレビ西日本の常務の娘=生野陽子
藤村邦苗(元フジテレビ副社長)の親戚=藤村さおり
伊豆箱根鉄道の元社長の息子=渡辺和洋
安倍晋三(首相)の甥=岸信千世
中曽根康弘(元首相)の孫=双川正文
中川昭一(政治家)の娘=中川真理子
八王子実践高のバレー部監督の娘=菊間千乃
遠藤周作(作家)の息子=遠藤龍之介
山田太一(脚本家)の娘
財津一郎(俳優)の息子
藤井フミヤ(歌手)の息子=藤井弘輝 ← New!!
posted by mediapatroler at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

マスコミ業界から通名使用者が大量に追放される可能性

通名生活者追放運動が盛り上がりそうです

【緊急拡散】2015年7月9日から通名の在日は最悪【 会社をクビ 】になるぞ!!! 名前を偽ったおかげで ヤ バ す ぎ る 事態に !!!

http://www.news-us.jp/article/416754186.html
posted by mediapatroler at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

赤旗が次世代の党に謝罪しないなら 赤旗=中共スパイ新聞社と拡散してもいいということだ

赤旗、早く謝罪すべきだ。
記者として書いた責任をとれということだ。
赤旗が次世代の党に謝罪しないなら 赤旗=中共スパイ新聞社と拡散してもいいということだ

「日本版ネオナチ」!? 次世代が赤旗記事で共産党に抗議
 次世代の党の山田宏幹事長は10日、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」がホームページ上で次世代の党を「日本版ネオナチ」と批判したことに対し「全く当たらない。レッテルを貼って自分たちを際立たせる卑劣な手法だ」と反論した。都内で産経新聞の取材に答えた。
 赤旗が2日付で掲載した記事は、山田氏らが河野洋平官房長官談話を取り消すように求めていることについて「歴史偽造の急先鋒=『日本版ネオナチ』としての本性をむき出しにした」と非難している。
 山田氏は共産党の山下芳生書記局長に抗議し、公開討論会の開催を申し入れたが、山下氏は「赤旗の記事は赤旗が対応する」と拒否。山田氏は「党の機関誌なのだから説明すべきだ」と共産党に改めて要求している。

posted by mediapatroler at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

政治家は「反省も謝罪もしない朝日」を相手にしないか後回しにすべきである 朝日は新聞ではない



安倍首相の単独インタビュー、朝日新聞を徹底的に冷遇 スポーツ紙より後回し、産経グループはすでに3紙

2014/11/25 19:03

   安倍晋三首相が衆院解散表明直後からメディアへの露出を急速に増やしている。新聞、テレビの個別インタビューを相次いでこなし、通常であれば複数社が共同で行うスポーツ紙とのインタビューも個別に行うほどだ。特に東京スポーツとのインタビューではUFOの話にも笑顔で応じるなど、かなり「軟化路線」にシフトしているようにも見える。

   安倍首相が批判を繰り返している朝日新聞とのインタビューは2014年11月25日になってやっと実現したが、他の主要紙や通信社の「後回し」。結果として朝日は「東スポのUFO話」にすら「抜かれる」事態になっている。

英エコノミスト誌のインタビューも受ける

安倍首相は11月21日の会見の直後にスポーツ紙の取材を受けた
安倍首相は11月21日の会見の直後にスポーツ紙の取材を受けた

   安倍首相は2014年11月18日夜の会見で解散を表明し、21日の解散直後にも会見を開いて「アベノミクス解散」と命名。両日の会見の直後に、報道各社のインタビューを多くこなしている。

   11月18日夜には日経新聞、毎日新聞、日本テレビ、夕刊フジのインタビューに応じ、NHKとTBSの番組に出演。翌19日には産経新聞と読売新聞のインタビューを受けた。21日の会見後は、約1時間半でスポーツ報知、日刊スポーツ、東京スポーツ、サンケイスポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、東京中日スポーツの7社のインタビューを立て続けに受けている。連休初日の11月22日にも、英エコノミスト誌、共同通信、時事通信のインタビューを受けた。

   13年7月の参院選では、安倍首相はスポーツ3紙の共同インタビューを受けている。それと比べると、今回はスポーツ紙がかなり厚遇されているとも言える。内容もやわらかいものが多く、安倍政権としては、幅広い層に自らに主張を伝える狙いがあるとみられる。

安倍首相の単独インタビュー、朝日新聞を徹底的に冷遇 スポーツ紙より後回し、産経グループはすでに3紙

2014/11/25 19:03

   安倍晋三首相が衆院解散表明直後からメディアへの露出を急速に増やしている。新聞、テレビの個別インタビューを相次いでこなし、通常であれば複数社が共同で行うスポーツ紙とのインタビューも個別に行うほどだ。特に東京スポーツとのインタビューではUFOの話にも笑顔で応じるなど、かなり「軟化路線」にシフトしているようにも見える。

   安倍首相が批判を繰り返している朝日新聞とのインタビューは2014年11月25日になってやっと実現したが、他の主要紙や通信社の「後回し」。結果として朝日は「東スポのUFO話」にすら「抜かれる」事態になっている。

英エコノミスト誌のインタビューも受ける

安倍首相は11月21日の会見の直後にスポーツ紙の取材を受けた
安倍首相は11月21日の会見の直後にスポーツ紙の取材を受けた

   安倍首相は2014年11月18日夜の会見で解散を表明し、21日の解散直後にも会見を開いて「アベノミクス解散」と命名。両日の会見の直後に、報道各社のインタビューを多くこなしている。

   11月18日夜には日経新聞、毎日新聞、日本テレビ、夕刊フジのインタビューに応じ、NHKとTBSの番組に出演。翌19日には産経新聞と読売新聞のインタビューを受けた。21日の会見後は、約1時間半でスポーツ報知、日刊スポーツ、東京スポーツ、サンケイスポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、東京中日スポーツの7社のインタビューを立て続けに受けている。連休初日の11月22日にも、英エコノミスト誌、共同通信、時事通信のインタビューを受けた。

   13年7月の参院選では、安倍首相はスポーツ3紙の共同インタビューを受けている。それと比べると、今回はスポーツ紙がかなり厚遇されているとも言える。内容もやわらかいものが多く、安倍政権としては、幅広い層に自らに主張を伝える狙いがあるとみられる。

東スポ「UFO」、デイリーは「阪神ネタ」で盛り上がる

   例えば東スポの見出しは、「安倍首相熱く語った!! 解散の大義そして宇宙人」。安倍首相も

「東スポを読むとねぇ、『宇宙人は見つかったんだなー』と驚いたことはありますよ。でも、なかなかねぇ、総理大臣としてUFOの存在を信じているとは言えませんよぉ〜(笑い)。でもね、この広い宇宙でね、生きているのは私たちだけじゃないと思う夢があっていいと思います」

と嬉しそうだ。阪神タイガースを熱烈応援するデイリースポーツは、

「この日は黄しまの『トラ柄』ネクタイを着用。自身はヤクルトファンだが、神戸製鋼に勤務していたことから『あの会社は阪神ファンじゃなきゃ生きていけない』と冗談めかして語るように、阪神にも愛着がある」

とまとめた。

   朝日新聞の安倍首相単独インタビューが実現したのは、連休が明けた11月25日夕方だった。安倍首相は朝日新聞の報道をしばしば「捏造」と強く非難しており、これだけ朝日だけインタビューが遅くなったのは、政権との関係悪化が関係していたとの見方も出そうだ。

   対照的なのが安倍政権を支持する論調を続けている産経新聞社。11月21日までに産経新聞本紙、夕刊フジ、サンケイスポーツと3回にわたってインタビューを行っており、安倍政権からの厚遇ぶりがうかがえる。

posted by mediapatroler at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする