2018年06月29日

共同通信は不幸が起きるのを楽しみにして取材活動している

マスコミの取材
問題ですなあ。



http://gogotsu.com/archives/41155

共同通信が6月28日付けで公開した記事“【特集】犠牲者の生きた証し”の取材記事とそのツイートに対して批判が殺到している。
取材内容は6月18日に起きた大阪北部地震の被害にあった方を訪れ話を聞くというもの。共同通信が行った取材はマンションの最上階から1部屋ずつ訪ねていく「ローラー作戦」を決行。
取材途中にマンション自治組合と遭遇し、「共同通信の記者です」と答えると、「出て行けと」と叱責され、エレベーターに無理やり押し込まれた。それも当然で、マンションは「部外者立ち入り禁止」と貼られている。

ましてや被災にあったマンションを訪れるのは迷惑極まり無い。自治組合は「君らマスコミももう少し住民の気持ちを考えたらどうなんや。人間のやることやないで」と言われると記者は「申し訳なく思いますが、遺族の声や犠牲者の人となりを全国に伝えるのが私たちの仕事です」と反論。もちろんその後退去命令を受けてマンションから追い出されてしまった。

共同通信記者は翌朝もマンションに行き、中に入ることができないので敷地外で待っていると、住民の男性から「あなたたちはこれ以上不幸が起きるのを楽しみにしているのか」と尋ねられた。

この記事をツイートした共同通信のアカウントは次のように投稿。

“大阪北部地震で犠牲になった人たちの生きた証しを知りたい。どんな人だったのだろう。だが、殺到する記者たちへの不信感からか、住民から発せられた言葉は厳しいものだった。温かいふれあいに涙する、新人記者の現地報告です”

としており、このような取材をするのは新人記者の役目だという。住民から不信感を買っているのも承知しての取材だったようだ。

このツイートに対して「誰も頼んでいない勘違いした図々しいやじ馬」、「熊本の時もズケズケと入ってきたマスコミの方がいましてね」、「真実を追求するのは大事ですが、報道の自由の意味を履き違えてませんか?」、「迷惑以外何物でもないですよ」、「人の不幸を売ってご飯食べてるだけだろ」と批判のリプライで相次いでいる。
posted by mediapatroler at 13:15| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水間さんが、朝日新聞を成敗!

朝日の恥部。。。。。。
知られては困ることです。


http://www.nikaidou.com/archives/104396

水間さんが、朝日新聞を成敗!
2018/06/27 18:05

二階堂さま

ご無沙汰しております。
朝日新聞が「申入書」を送付してきたことで、全面戦争になる覚悟で徹底的に資料調査をして回答を『WiLL』8月号に寄稿しましたが、発売前日(6月25日)に「全面降伏」を編集部に申し入れてきました。朝日新聞が戦意喪失したようで残念です。

水間政憲拝

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〇緊急拡散希望《朝日新聞が『WiLL』8月号発売前日に「全面降伏」を編集部に申し入れ》

■朝日新聞は、慰安婦問題訂正文を2014年8月5日、紙面に掲載後、謝罪を求める要求を無視してきたにも拘わらず、何故か、『WiLL』7月号拙論文「朝日新聞東京本社『国有地取得』の裏技」に対して、『申入書』を送付してきましたので、その回答を『WiLL』8月号に寄稿しましたが、発売前日に全面降伏したようです。

実際、朝日新聞の「申入書」で訂正を要請してきた部分は「ご指摘の土地の取得価格は、17億円余ではなく約42億円です。…弊社保管の契約書の数字も同様です。……すみやかな訂正を求めます。」とあり、同「申入書」の要点は、この一点につきます。

ところが、朝日新聞は、私の回答が掲載されている『WiLL』8月号に「朝日新聞『申入書』に答える」が、発売される前日(6月25日昼過ぎ)に、編集部に下記の申し入れがあったと連絡がきました。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆昼過ぎに朝日新聞より連絡ありました。契約書の公表を検討していますとのこと。財務省のOKがあれば公表に踏み切りたいとのことです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆要するに、同25日午前中に朝日新聞に届いた8月号を見て、私が繰り返し「丁重」に「契約書」の公開を求めていることの正当性を理解し、慌てて財務省を言い訳にして「財務省のOKがあれば公表に踏み切りたい」と、連絡してきたのが真相と思われます。

これまで散々財務省を攻撃していたのに、財務省の許可などと言い訳に使っているのが笑えます。

朝日新聞も申し入れに素早く対応できるようなったようです。。

『WiLL』8月号の新聞広告は左端に大きくでていますが、目次ではどこにあるか目立ちませんが、「ことば遊び」に辟易してして、最近オピニオン誌を手にしない方にも満足していただけると存じます。

実際、『WiLL』7月号→「申入書」→『WiLL』8月号と通読していただければ、抱腹絶倒間違いないのですが、情緒的な扇動のことば遊びに満足しているレベルの読者層には、朝日新聞が恐れる論文の価値が理解できないでしょう。

いずれしても『WiLL』発売前に、訂正してない回答文に朝日新聞が全面降伏した事実は、画期的なことですので、興味のある方に一読をお勧めします。

◆近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲

◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【「1937南京:完結」映画(DVD)大量頒布と第2弾(「完結:日韓歴史戦」―韓国の歴史捏造を撃つ」)・制作支援版画一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2824.html

◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載フリー:条件全文掲載) http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
posted by mediapatroler at 02:36| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

玄関先での対応を求めるNHK

これはやりすぎでしょう。


事実をねじ曲げる事しかしない
https://ttensan.exblog.jp/26913340/
posted by mediapatroler at 16:50| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

共同通信のいつも通りの再発防止対策で納得できますか?

共同通信のいつも通りの再発防止対策で納得できますか?

記者教育を徹底とあるが、具体的に何をしたのか文章で公開を求めるべきでしょう。



http://www.yomiuri.co.jp/national/20180612-OYT1T50138.html?from=ytop_main7

共同記者ら不適切取材、非公開の場に録音機設置

2018年06月13日 10時10分

 共同通信社は12日、学校法人「加計かけ学園」の獣医学部新設を巡り、学園幹部が5月31日に愛媛県庁で県幹部と面談した際、非公開だった会場内に録音状態のICレコーダーを置く不適切な取材があったと発表した。

 録音を促した大阪支社社会部の男性記者をけん責の懲戒処分、レコーダーを置いた松山支局の女性記者を厳重注意処分とした。

 学園の渡辺良人事務局長が県幹部に対し、加計孝太郎理事長と安倍首相が面会したとする誤った情報を伝えたとして謝罪した際、報道陣には冒頭の約5分間だけ公開されていた。報道陣の退出後、県職員がレコーダーを見つけ、所有者を尋ねたが、誰も名乗り出なかったため、所有者不明で保管していた。

 同社によると、男性記者から面談内容を録音するよう促され、後輩の女性記者は従わざるを得ないと判断し、レコーダーをいすの上に隠したという。女性記者から申し出があり、社内調査を実施していた。

 同社の別の記者1人も録音状態のスマートフォンを会場内に置いていたが、退出後間もなく、所有者を捜していた県職員に名乗り出て、目の前でデータを消去した。この記者については、「置き忘れで、故意に録音したものではない」と判断したという。

 同社は12日、県に調査結果を説明し、謝罪した。正村一朗総務局長は「極めて不適切な行為で深くおわびします。記者教育を徹底し、再発防止に努めます」とのコメントを出した。

2018年06月13日 10時10分
posted by mediapatroler at 10:49| Comment(0) | 不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

朝日新聞の用語集

朝日新聞をとっている方、必修です。


http://newsoku318.blog134.fc2.com/blog-entry-7011.html

75: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [CN] 2018/06/04(月) 16:19:44.06 ID:BSJbfd6h0
朝日新聞の用語集

・「しかし、だからといって」
 ここから先が本音であるという意味
・「議論が尽くされていない」
 自分たち好みの結論が出ていないという意味
・「国民の合意が得られていない」
 自分たちの意見が採用されていないという意味
・「異論が噴出している」
 自分たちが反対しているという意味
・「政府は何もやっていない」
 自分たち好みの行動を取っていないという意味
・「内外に様々な波紋を呼んでいる」
 自分たちとその仲間が騒いでいるという意味
・「心無い中傷」
 自分たちが反論できない批判という意味
・「皆さんにはもっと真剣に考えてほしい」
 アンケートで自分達に不利な結果が出てしまいましたという意味
・「アジア諸国」
 中国、韓国および北朝鮮の事、それ以外の多くのアジアの国は含まれない
・「ただ、気になることがある」
 論理薄弱のため心配事の表現形式で、自社主張の「なんくせに誘導しますよ」という意味
・「疑惑の解消に繋がらない」
自分たちの望む結論では無いと言う意味←new

ホント気持ちが悪い異常者集団
posted by mediapatroler at 19:43| Comment(0) | 新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする