2017年12月27日

メデイアの方向性は大丈夫か

非常に参考になる話です。


メディアの方向性は大丈夫か

テーマ:ブログ

朝日新聞が小川榮太郎氏と飛鳥新社を訴えたが、大新聞がここまでしなくてはならないというのは相当追い込まれているのではないか。


今年は、一部新聞を中心にバイアスのかかった報道がなされ、結局事実ではないと証明された事例があった。

やるべき事実の検証を行わず、一人の証言のみを拠りどころにした記事などである。


“安倍政権を追いこむ”など、まず追及することや疑惑を作ることありきで、ほとんど関係ない事実を無理やりつなぎ合わせたり社説などでバイアスをつけたりする手法は極めて危険である。


もし疑惑があるのなら、あくまで事実の積み上げによって追及すべきである。


過去、満州事変において若槻内閣の事態不拡大方針を、東京朝日新聞など新聞各社はこぞって弱腰であると批判し世論を作っていった。


この時は軍事状況についての報道規制もあったが、やみくもに新聞各紙は関東軍などの行動を支持して若槻内閣の批判を続け事態拡大をあおった。


当時の満州での治安状況の悪化阻止や満州族の独立などの視点はもちろん重要であり私も必要性を感じるが、満州事変においての新聞各社は丹念な検証からの必要性というよりも、まず突き進んだ関東軍などの行動を支持するという結論ありきの論調であった。


まず結論ありきの論調は危険である。

こうした過去に新聞社は学んでないのだろうか。

一部新聞は戦前の批判を良くするが、自分たちの過去は学んでないのだろうか。


私は今年を「メディアが死んだ年元年」と名付けているが、メディア各社におかれては今年の報道のあり方をしっかりと振り返り、事実に基づいた正確な報道を心がけるべきではないだろうか。


メディアの方向性に、非常に危険なにおいがしてきている。



(写真は昭和6年9月23日の東京朝日新聞 関東軍などの行動を政府は追認せよとの論調)

posted by mediapatroler at 20:39| Comment(0) | マスコミ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青山繁晴「虎ノ門ニュース」 ミサイル攻撃時のシエルター機能

tp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid2130.html
で、自由民主党の取り組みは実は始まってると。国土強靱化とも絡めて。
 でも政府の取り組みが見えないと。
 総理、いかがでしょうかとお聞きしたらですね、安倍総理の答弁が今までから前進して、

【ミサイル攻撃等の際の防風からの直接の被害を軽減するため、】

 この堅牢な建築物も言ってるけれども、

【地下街、地下駅舎などの地下施設への避難は有効と認識をしております】

これ初めての答弁です。
何でこれ報道しないんですか?

【このため政府においては、(中略)都道府県等による避難施設の指定を促進し、あわせて…】

 要するに、訓練を取り組みたいってことを言われてですね。
 …いや、総理はここでは訓練のことは言われなくて、避難施設の確保に取り組むって言われたんですよ。
 だから僕はそこを、いま総理が有効であると明言したので、少し愁眉を開く感があるけれども、しかし、地下鉄や地下街の入口というのは基本的には決して広くないですと。



【そこに、もしも訓練なしに例えば車椅子の方ですとか高齢者の方あるいは子供たちが殺到すると、実は福島原子力災害でも似たことがあったんですけれども、避難、間違った避難によって犠牲が出るということが懸念されます】

 だから訓練をやって下さいと。
 ところがですね、

【一番大切な東京での避難訓練の遅れには正直、目を覆うものがあります。もしも、都に動きが仮にないのであれば、水面下ではしっかり都に動きがあるのかもしれませんけれども、もしも動きがないのならば政府の方から積極的に働きかけて、直ちにこの東京のほとんど全ての地下街や地下鉄の入口について、近隣の住民の方々あるいは学校の子供たち、先生との訓練を行っていただきたい】



 これも総理、答弁をお願いしますと申すと、総理はやっと、ご指摘のとおり、訓練実施に至っていませんと。
で、自民党からの提言もいただいて、ようやく大都市部での避難訓練が実施され始めることとなりましたと。
そして、福岡でやりますが、政府としては今後とも自治体に働きかけるってことを言われたんで、これは本当に重要な答弁なんですよ。

 もう一回言いますが、青山繁晴が憎くて、「虎ノ門ニュース」でこんなに(ギャラリーが)お集まりいただくことも憎くて、「虎ノ門ニュース」のアクセスが多いのも憎くて、いないことにしたいってのが、僕の古巣の共同通信もNHKも朝日新聞も、オールドメディアの大半です。
 どうぞそれをおやり下さい。
 好きなようにやればいいですよ。

 憎ければ後ろからでもやればいいですよ。
 どうせ死ぬ覚悟でやってますから。
 ちっともあなた方は怖くありません。

 どんな誹謗中傷、工作やろうとも、死ぬ覚悟はできてますから全く怖くないです。
 しかし、このような、国民が選んだ総理大臣、あるいは防衛大臣、その方々が、大事な答弁してることを無視するっていうのは、犯罪行為ですよ!
 思いませんか、そのように。

 で、本当は僕にも48万1890人の方が入れて下さってますから、いないことにするのは、僕の人生観ではおかしいと思うけれども、それはしかし報道の自由の範疇と言ってもいいですよ。

 しかしね、こうやって国会の予算委員会、しかも一番大事な総括質疑、NHKの生中継をやってるのに、国民を愚弄して、どうせNHKの生中継もろくに見ないんだろうと、NHK自身もそう思って、ニュースになったら無視するってことをですね、まず有権者、国民が、もう、決起して、戦うしかないです。
これ簡単に言うと、オールドメディア見なきゃいいんです。
読まなきゃいいんです、新聞とらなきゃいいんです。

posted by mediapatroler at 20:25| Comment(0) | テレビ報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日のつぶやき


















posted by mediapatroler at 19:01| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島瑞穂議員も暴力労組を支援

これ、国会の懲罰議案です。



http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53263360.html
福島瑞穂議員も暴力労組を支援
連帯ユニオンに迫る捜査へ政治的圧力


社民党副党首の福島瑞穂参院議員(62)が、傷害と脅迫の容疑で奈良県警が捜査中の労働組合の応援に駆けつけていたことがわかった。

img 奈良県大和郡山市にある運送会社で、2013年頃から、未払い賃金や違法残業を巡り労使紛争が発生。その過程で、輸送部課長が、「全日本建設運輸連帯労働組合」(以下、連帯)の近畿地区トラック支部に所属する組合員らから、「お前、やったろか」などと長時間にわたり怒鳴られ、うつ病と自律神経失調症を発症していた。課長は、奈良県警郡山署に組合員らを傷害罪や脅迫罪などで刑事告訴し、2017年7月に受理されていた。


激しい言葉の数々がカメラに c文藝春秋 c 文春オンライン 激しい言葉の数々がカメラに c文藝春秋

 それから約2カ月後の8月28日深夜には、事務所で当直していた課長に組合員ら3人が「お前がそういう気やったらやったるわ」「俺のこと舐めとるやろ」と激しい言葉を浴びせる事件が発生。課長は、郡山署に通報し、6人以上の警察官が駆けつける騒ぎになった。監視カメラの映像によれば、組合員の一人は、制止しようとする警官に「おい、こら、誰に手かけとるんじゃい」とすごむなどしていた。この事件をきっかけに、課長はうつ病と自律神経失調症が再発し、現在は入院している。

img

























 一方、連帯から選挙の支援を受けていた福島議員は、“押しかけ事件”発生から約1カ月後の9月21日、同社を訪問。課長に詰め寄った男性を含む組合員たちから説明を受けた後、近畿運輸局奈良運輸支局などに同社が労働時間の見直しや違法行為の改善などをできていないとして、行政指導するよう申し入れをしていた。
組合側から説明を受ける福島氏(左から3人目が課長に激しい言葉を浴びせた組合員) c文藝春秋 c 文春オンライン 組合側から説明を受ける福島氏(左から3人目が課長に激しい言葉を浴びせた組合員…

 連帯に取材を申し込んだが事実確認を拒否。福島議員は、小誌の直撃に、脅迫などで組合員が刑事告訴されていたことについて「それは知らない。知らないというか、私は社長が問題だと聞いている」とし、書面での事実確認には回答しなかった。

img





















 奈良県警は捜査を進めており、人権派で知られる福島議員の対応が注目される。12月27日発売の「週刊文春」では、事件の詳細を報じるとともに、「週刊文春デジタル」で監視カメラの映像を公開する。

 以上
posted by mediapatroler at 06:51| Comment(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

2017年12月25日のつぶやき
















































posted by mediapatroler at 19:01| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする